三千世界の鴉を殺し (10) (ウィングス文庫)

著者 :
  • 新書館
3.47
  • (21)
  • (23)
  • (84)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 258
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403540851

作品紹介・あらすじ

すべてのカーマイン基地の男性にとって、もっとも忌まわしい場所…それは、PH初代編集長がいるというウワサの総務科と"魔女たちの巣窟"と恐れられる需品科。いさましく乗り込んだルシファだが、そこで待っていたのはセクシーでどこか物憂い声の、隻眼の美女。ルシファの背に走る戦慄。心のうちは半泣きのまま、彼女・ドミニクと対決するが…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 蜿倶ココ縺九i蛟溘j縺セ縺励◆縲
    縺セ縺溘b繧?聞縺?が繧ケ繧ォ繝シ繧キ繝・繧ソ繧、繝ウ縺ョ1譌・縺ョ蜑榊濠驛ィ蛻?〒縺励◆縲ら嶌螟峨o繧峨★縺溘i縺励%繧薙〒縺セ縺吶?

  • 2017/5/19再読。9・10巻同時発売。
    イラストレーター変更。
    ドミニク・バンカー注意初登場回。

  • ガーターベルト大活躍の巻。

  • 2009/01/26-2009/01/27

  • 前回、やっと進んだ〜と思ったのに、違う事件勃発。
    なぜこんなに基地内でどうでもいいような、どうでもよくないような
    分けるのに悩んでしまうような事件が始まるのでしょう…。
    果たして主人公は『無事』に新しい制服をゲットできるのでしょうか?!

    今回もかなり笑いました。
    女性だけの空間というのは、一種怖いものです。
    狼の群れの中に羊、ではなく、羊に擬態した狼の中に子犬という感じです。
    最後の方で一歩話は進んでいますが、この本は一体
    どれくらいの『年月』で完結するつもりなのかと思います。

    10巻で、ようやく丸一日経ってます。

  • すべてのカーマイン基地の男性にとって、もっとも忌まわしい場所。…それは初代編集長がいるというウワサの総務科と”魔女たちの巣窟”と恐れられる需品科。
    いさましく乗り込んだルシファだが、そこで待っていたのはセクシーでどこか物憂い声の、隻眼の美女。
    ルシファの背に走る戦慄。
    心のうちは半泣きのまま、彼女・ドミニクと対決するが…!?

  •  ガータベルトとお揃いで!

     9巻と同時発売。

  • 9巻と10巻同時発売です。本の中では一日しか経ってない。私も一日で読みました。

  • 先日イラスト集を買ったのに触発されて、読むの途中で止まってたのを再開しました。やっぱりそこそこ面白いので?巻も買おうと思います。でも、悪いんだけどやっぱりママハラ氏の絵にまだなじめない…。嫌いな絵ではないんやが。(20060113)

  • ガーターベルト。
    私も出来るならあんな需品科に就職したい。

全13件中 1 - 10件を表示

津守時生の作品

ツイートする