三千世界の鴉を殺し (12) (ウィングス文庫)

著者 : 津守時生
制作 : 麻々原 絵里依 
  • 新書館 (2006年10月7日発売)
3.64
  • (20)
  • (22)
  • (52)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :213
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403541100

作品紹介

無精髭で女たらしの憲兵隊隊長。軽くて陰険…そんな最初のイメージとは裏腹にマルチェロ・アリオーニ大尉は、実は頭のキレる頼れる協力者だった。いつのまにか、喧嘩友達のようになつく彼とともに、バーミリオン星、そして銀河連邦宇宙軍に巣食う謎の解明に挑むルシファ。だが、ドミニクと彼の情事を知ったドミニクの夫・ブライアン・バンカーが、怒れる白ゴリラと化し、ルシファに決闘を…。

三千世界の鴉を殺し (12) (ウィングス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ストーリーの核心がちらりと出てきてるかも?

  • 2009/01/31

  • 浮気がばれちゃった編、です(笑)
    そして旦那に踏み込まれ、ケンカ沙汰に。
    そのケンカの審判(?)に妻が出てくるのもすごいですが…。
    とりあず、大本はここではないですw

    どうにか収まって、極秘メンバーも1人増え。
    ようやく会議まで進みましたが、ちゃんと会議内容が進むのか。
    確実に何かやらかしてくれそうです。

  • 無精髭で女たらしの憲兵兵隊長。
    軽くて陰険…そんな最初のイメージとは裏腹にマルチェロ・アリオーニ大尉は、実は頭のキレる頼れる協力者だった。いつのまにか、喧嘩友達のようになつく彼とともに、バーミリオン星、そして銀河連邦宇宙軍に巣食う謎の解明に挑むルシファ。
    だが、ドミニクと彼の情事を知ったドミニクの夫・ブライアン・バンカーが、怒れる白ゴリラと化し、ルシファに決闘を……!?

  • 主人公はその顔を見たものは老若男女全てが硬直するほどの超絶美形、ルシファード・オスカーシュタイン。カリスマ性と実力を併せ持った軍人の彼は副官のライラ・キムいわく『災厄の王』スペースコロニー1基をぶっ壊し中佐から大尉へ降格され、宇宙の辺境、兵士の掃き溜め、ヴァーミリオン星へ左遷された。40年間出動歴なしというカーマイン基地の平和すぎる毎日がルシファの左遷によりスリルと危険に満ち溢れた毎日に。美形(?)とスラング(?)と筋肉(?)のスペースファンタジー

  • もういいから話を進めてあげてお願い!

  • 相変わらず面白いんだけど、時間軸が二日しか進んでいない…。サラディンがどんどん変な人になっています。好きキャラのニコルの活躍の場がなかったので、次に期待。

  • O2が表紙にこないかな

  • バーミリオン星と銀河連邦宇宙軍に巣食う謎の解明に挑むルシファとその仲間たち。

  • マコトの出番が無くて寂しい。カジャについては書下ろしがあったそうで。

全15件中 1 - 10件を表示

三千世界の鴉を殺し (12) (ウィングス文庫)のその他の作品

津守時生の作品

ツイートする