金星特急 5 (ウィングス文庫)

著者 :
制作 : 高山 しのぶ 
  • 新書館
4.52
  • (36)
  • (22)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :139
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403541773

作品紹介・あらすじ

夏草と三月を雇い金星特急を追う錆丸。だがイスタンブールで戦闘集団イェニツェリに捕まり、純国語普及委員会に監禁されてしまう。狙いは錆丸の持つ金星の情報。正しい世界の普及を推進する団体である純国普が、なぜ金星について知りたがるのか?疑問を覚えつつも錆丸は独力での脱出を試みる。一方、特急内の砂鉄は無事一命を取り留める。ところがその直後、突然列車が乗客たちを降ろして走り去ってしまい!?物語はいよいよ核心へ-。人気シリーズ第五弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 月氏の傭兵、夏草と三月を雇って金星特急を追う錆丸。
    だが、イスタンブールでイェニツェリに捕まってしまい、準国語普及委員会に監禁されてしまう。彼らの狙いは、錆丸が持つ金星の情報。錆丸は何とか自力で脱出を試みるが…。
    一方、金星特急の方ではアルベルトとユースタスの助けにより砂鉄は一命を取り留めていた。しかし、安心したのも束の間、突然列車は乗客たちを下ろして走り出してしまい…。

    さらに物語が広がっていって、もうどこに集中していいやら!
    相変わらずの面白さで、一度読みだしたら最後まで一気読みです。
    どの視点も「金星」に向かっているわけですが、明らかにされる謎もあれば、また新たな謎も生まれて…繰り返し。もうほんとどうなるのこの物語!

    まだ錆丸は砂鉄たちとは合流してないんですが、目的の場所は一緒なので次巻くらいには…と思うんですが、それぞれがそれぞれ頑張っていて、特に錆丸はここに来てめざましい成長をしましたね!
    肉体的な成長もありますが、たった一人でイェニツェリから脱出できるなんてすごい! さらに三月にズッタズタにされながらも、彼の闇を指摘して受け止めたのはもう…! ほんと頑張ったよ!

    一方ユースタスたちの方も進展してニヤニヤ。
    リオン出た時は「えっ!?」ってなりましたが、これはもう砂鉄に頑張っていただくしか!
    しかしリオンほんと余計なことを言ってくれて迷惑だわー…。
    というかここに王女様まで加わって、どうなるんでしょう彼らの旅路は。

    彗星目線の方ではついに金星が…!
    でも謎は深まるばかり…。
    「世界語」がこの巻で大きな意味を持っていることが判明して、さらにそれに金星も関わってきて、ほんとに物語の結末が見えません。予想もできない。だから面白いんですが。

    巻末の夏草さんの話も良かったー! 鎖様の過去もちょっとだけ分かって、あの若さの裏にこんな重いものがあったとは思わずびっくり。なんかこの二人くっつきそうだね!な終わり方だったんですけど、どうなんでしょう。すごい年の差カップルになっちゃうけど(笑)
    あとお蔵入りした砂鉄の笑顔が収録されたのもナイスで!
    ほんと印鑑セットで差し出しちゃうよ…!(笑)

  • 夏草と三月を雇い金星特急を追う錆丸。だがイスタンブールで戦闘集団イェニツェリに捕まり、純国語普及委員会に監禁されてしまう。 狙いは錆丸の持つ金星の情報。 正しい世界語の普及を推進する団体である純国普が、なぜ金星について知りたがるのか?疑問を覚えつつも錆丸は独力での脱出を試みる。一方、特急内の砂鉄は無事一命を取り留める。 ところがその直後、突然列車が乗客たちを降ろして走り去ってしまい!?

    何この面白さ。今までも謎だらけなのに読むのを止められない面白さだったけど、少しずつ謎が解けつつも全て分かるまで気になって仕方ない面白さは久しぶりです。これは7巻まで手元に揃えて一気読みできて良かったかも。単に忘れてただけですが。
    錆丸がどんどん身体的にも精神的にも成長してて頼もしい。これは伊織や砂鉄とは違う意味で惚れるだろうなあ。そばで守りたくなる対象から、共に戦いたくなりました。頑張れ、錆丸。しかし金星怖すぎ。木に変えてたのやっぱりこの子だったのか。そして何よりこの巻ではリオンの登場により砂鉄への思いを完全に自覚するユースタスでしょう。マリア像の前でかすかに笑う砂鉄うううううううう!!!!あとがき収録verも鼻血噴くかと思いました。これはヤバい。この二人本格的に応援するわあああ。あっでも彗星ちゃんも切ないんだよな。これから運命の人現れてくれればと願ってます。

  • 一巻の時頼りなかった錆丸が、とても逞しくなりましたね。いやまあ、体が特殊なの判明したからあれなんですが……性格はやっぱり好きです。彼は精神的に大人だなあと思います。逆に三月は子供だなあと思いました。人生経験は高そうなのにね。
    女の子達の集められた理由がわかりましたが、金星については恋バナと言語に関係あるんだろうが、頭が悪いのでわかりません←
    しかし世界の歴史的背景もわかり、段々ラストに近づいてる気配がします。
    ユースタスは女の子確定してますね。殿下の妹のヴィットリアも可愛いです。

  • 錆丸が身体だけでなく成長してます!
    そして、砂鉄は強いだけでなく勘が鋭く良くて頭の回転も早いです!
    流石、百戦錬磨で生き残っている傭兵!
    砂鉄がユースタスと初対面した時の気持ちが明かされてますが、要するに彼女に一目惚れしたという事ですよね(笑)。
    やっぱりアジア系人種は金髪碧眼に弱いという事でしょうか…。

    ストーリーの進行上仕方ないとはいえ、錆丸組、砂鉄&ユースタス組、無名組、彗星達女の子組とシーンが目まぐるしく変わるので、その組の状況を思い出すのに時間が掛かり少々混乱しました。
    彗星達女の子組のシーンを読み進めていくと、謎の少女「金星」と一緒にいるだけあって、次々と錆丸達が遭遇した謎の答えが明らかになっていきます。
    錆丸と一緒にいた蜥蜴のウェルが媒介として、金星の目になっていたのでした。

    今回収録されてる番外編は夏草のみでしたが、次巻のユースタスとアルベルト殿下と合わせて14歳シリーズになるようです。
    こうして番外編を読むと、『金星特急』には脇役キャラというのが存在しないのだなと感じます。
    そして、あとがきの砂鉄の笑顔に全て持っていかれました!

  • 何はなくとも砂鉄とユースタス!!!
    キターーーーーって思いました、はい
    ぶっちゃけこの二人贔屓です、うれしいです

    とりあえず徐々に金星を取り巻くいろいろなファクターがそろってきた感じです
    読み止まりませんでした

    ウェルの役割?にびっくり
    なるほどなるほど
    それにしても報われない恋をする女の子たちが切ない

  • 物語りは沸騰直前の様相を醸し出してきたっ!シーンが頻繁に変わって一体どれだけの視点で進行しているのか?錆丸(夏草・三月)、砂鉄(ユースタス・アルベルト)、彗星(女子・金星)、伊織(暁玲・ミヤザキ)、雷鳥(無名・ハハリ)の5グループかぁ。しかもそこに過去の話も絡んできて忙しい忙しい。しかし、錆丸が特異体質とはいえ逃げる為に使ったあの手は痛すぎるでしょ!ムリ!そして砂鉄&ユースタスの関係がもどかしい。どけ!リオン。されにアルベルト殿下もしかしてチョットイイ奴かも?と思い始めたのであった。

  • 砂鉄さんとユースタスおめでとうおめでとう

  • 切ない恋もりだくさん。まさかこんなとこから恋愛絡みがあるとは。
    三月と夏草と錆丸のやりとり好きだわー。錆丸は心身ともに成長していて見ていて激しく応援したくなっちゃう子ですね。
    なにより、やっぱ砂鉄のあの表情は反則だと思うのです…!

  • 金星特急を追う錆丸。だがイスタンブールで戦闘集団イェニツェリに捕まり、純国語普及委員会に監禁されてしまう。純国普の目的とは?

    三月ー!きっと今巻でお嫁にもらってくれる人が増えるはず。
    金星の謎がちょっとずつ明らかになってきました。早く砂鉄たちと合流してほしいです。

  • 胸が苦しくなる

全20件中 1 - 10件を表示

嬉野君の作品

ツイートする