恋のしっぽをつかまえて (モノクローム・ロマンス) (ディアプラス文庫)

著者 :
制作 : えすとえむ  冬斗 亜紀 
  • 新書館
3.23
  • (4)
  • (9)
  • (11)
  • (2)
  • (4)
本棚登録 : 75
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403560125

作品紹介・あらすじ

とびかう会話とジン、カメラのフラッシュ、半裸のバーテンダー。狂乱のギャラリーでのパーティの翌日、従業員のシーザーが目撃したのは、解除されたセキュリティ・システム、消え失せた1万5千ドルの胸像。そして腕時計をあそこに巻き付けられて全裸でトイレに転がる、売り出し中の俳優で元恋人シェプの姿だった。いったい何が起こってる!?混乱するシーザーはうさんくさくも魅力的な探偵・ダンとともに調査にとりかかるが-!?NYのアートギャラリーが舞台のセクシー・コメディ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私立探偵・ダン×ギャラリーのアシスタント・シーザー。あらすじにセクシーコメディとあるけど、どちらかと言えばドタバタコメディだと思います。セクシー部分は描写は濃いけど少なめだったしw 次々と起こる事件に混乱していくシーザーたち… 濃いキャラたちが魅力的だし、ダンも素敵だった。ただダンの活躍の場があまりなかったように思えるのが残念。続編も出てるみたいなので翻訳してほしいな♪

  • 海外BLでコメディっぽいものは初めて読みましたがかなり面白かったです!ダンがいい男すぎてシーザーは幸せものですね!トリックのほうも私は最後まで分からず楽しめたし、同時期発売だった『フェア・ゲーム』がシリアス系で合わなかった人にはこっちがおすすめです。続編もあるらしいので、その時はぜひシェプとジャン・リュックの話も詳しく読みたいですね!

  • この本、著者の旦那さんに捧げられてて、本文に入る前から笑ってしまった。旦那さんに捧げちゃうんだ、この本を(笑)オープンだなあ。
    年上で大人な元刑事×嘘が下手なイタリア系男子のミステリー風味?なラブストーリー。海外BLを読むのはほとんど初めてだけど、楽しく読めました。向こうではBLではなく、MMというジャンル名なのね。リバなのかな?と思ったけど、そういうこともなかったです。続編も出てるようなのでぜひ読みたい。

  • 意訳していないので、海外小説って雰囲気と言い回しで冒頭が読みにく
    かったです。
    キャラクターは面白いし、この探偵×青年の雰囲気も良いのですが、とりたてて
    感想も浮かびませんでした。

  • 意訳していないので、海外小説って雰囲気と言い回しで冒頭が読みにく
    かったです。
    キャラクターは面白いし、この探偵×青年の雰囲気も良いのですが、とりたてて
    感想も浮かびませんでした

  • えすとえむさんの挿絵が見たくて購入。
    海外を舞台にした作品を多く描かれている漫画家さんなので
    作品の世界と合っていて良かったと思う。

    海外翻訳小説は今回初めて手に取った。
    翻訳小説と言うとどこかとっつきにくい印象があったが
    若干クセはあるものの思っていた程読み辛さは感じられなかった。
    登場人物名がカタカナばかりで読み始めは混乱するが
    主要人物8人については本文の前にイラスト付き人物紹介頁があるので
    そこで確認しながら読み進められる。
    個人的に年の差カプの話が好きで
    ちょっと意地の悪い年上男が年下にちょっかい出す様がツボなので楽しかった。
    巻末に収録されている訳者の冬斗亜紀さんの解説はM/Mについて書かれていて興味深い。
    続編も翻訳されるといいな。

  • アニメイトで、注目商品として売り出されていたので、友達とともに購入。
    お国柄の違いか、かなり直接的な用語も多く、表現も翻訳物らしくやや癖があった。
    しかし、かけぬけるような爽快感があり、なかなか面白かった。
    カタカナ語の名前の人物が、三人以上出てくるだけで混乱してしまう私が言うのだ。多分、世間的から見ても面白いに違いない。

  • 海外のBLものってことで期待して。
    面白かったし本の厚さもあったしで楽しかった。
    ただ、カプ的には少々好みと外れていたのが残念。

  • 主人公のシーザー(28才)は見た目は陽気なイタリアン!!
    でも性格は内向的で仕事はできるみたいだけど
    体よく扱われるっていうかこき使われるタイプで実は不器用っぽい
    嘘が下手で嘘を付くとバレるタイプ?

    そんなシーザーが仕事で仕切ってるパーティに元彼のイケメン俳優が
    勝手にやってきてトラブルの種を落としていきますε−(ーдー)ハァ
    そしてそのパーティには見慣れない男が一人

    お店の商品が盗まれた!!
    そして何故か元彼はスッポンポンの状態でトイレに転がっていた!!
    パーティで会った見知らぬ男は探偵で実はシーザーを調べていた!!

    シーザーは自分のトラブル解決の為に動こうとしたら
    トラブルが次から次へと…
    自分の事でも手一杯なのに周りの人間も巻き込んでの大混乱


    洋物BL小説。
    日本のBLとはやっぱり違う感じでゲイ小説って感じだよなぁ〜。
    コメディだけあって話の展開が早くその点ではサクって読める

    ただ 登場人物も多くドタバタって言えばドタバタなんだけど…
    私からみたらゴチャっとして絡まってる感じ(-ω-;)

  • Newレーヴェル「モノクローム・ロマンス」

全11件中 1 - 10件を表示

恋のしっぽをつかまえて (モノクローム・ロマンス) (ディアプラス文庫)のその他の作品

恋のしっぽをつかまえて Kindle版 恋のしっぽをつかまえて L.B.グレッグ

L.B.グレッグの作品

恋のしっぽをつかまえて (モノクローム・ロマンス) (ディアプラス文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする