マイ・ディア・マスター (モノクローム・ロマンス文庫)

制作 : 如月 弘鷹  一瀬 麻利 
  • 新書館
4.11
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :27
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (429ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403560255

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 翻訳もの。
    タイトルはマイフェアレディーとかけてるのかしら。
    いいシンデレラストーリーでした❤︎

  • 19世紀ロンドン、同性愛者が縛り首になった時代。
    死を決意した元軍人の准男爵のアランは最後に一晩、
    スラムの男娼・ジェムを買うがそれが2人の運命を変える。
    戦地でのトラウマで生きる事に疲れたアランが
    境遇の違うジェムに気持ちを動かされ、
    もう少し一緒にいたいと思ってしまう、
    しかしこの関係は危険を伴う…
    そう思いながらジェムを従者として側に置いておくことに。

    身体から始まる関係。
    少しずつお互いを信頼し心を通わせていく様子が
    丁寧に描かれている。
    ただ評価の高い作品だけど…あんまり私好みじゃなかったなぁ肉欲的すぎる(;^◇^;)ゝ

  • ▼あらすじ

    19世紀、自殺を決意した元軍人の貴族・アランは街で拾った男娼と一夜を過ごす。
    生意気でよく喋るその男・ジェムと過ごすうち、アランは自分の変化を感じていた。
    ジェムを屋敷に住まわせるようになったある日、アランはかつての部下の娘が、
    ある危険な男の庇護の下で暮らしていることを知る。
    ジェムに励まされたアランは彼とともに少女を救出にむかうが──。

    深い愛情と勇気溢れる、ヒストリカルM/Mロマンス!

    ***

    モノクローム・ロマンスの本を読むのは『フェア・ゲーム』
    『わが愛しのホームズ』に続いてこれで三冊目なんですが、
    相変わらず辞書のようなどっしりとした見た目と凄まじいページ量で、
    大変読み応えのある一冊でした。海外のBL小説なので、感情の起伏の激しさや、
    下半身が正直過ぎるところなど、引っ掛かる部分も多少ありはしたのですが、
    だからと言ってそれがマイナス要素になるような事もなく、
    読み終わった後はただただ幸せな気持ちで心が満たされました。

    戦場で心身共に深い傷を負い、人生に絶望したアランは自殺を決意し、
    最後の夜の相手にジェムという男娼を拾った事で人生が変わります。
    望む物は何でも手に入る恵まれた立場でありながら人生に絶望するアランと、
    何も持たない底辺の暮らしを送りながらも明るく、希望の塊のようなジェム。
    身分や立場、住んでいる世界…何もかも違う二人が、身体の関係から始まり、
    それから少しずつお互いを信頼し合って心を通わせていく様子が両視点から
    しっかりと丁寧に描かれている為、読者を十分納得させる事の出来る、
    大変説得力のあるストーリーに仕上がっていると思います。

    特にジェムはとても魅力的なキャラクターで、
    読んでいる内に愛着が沸いて来ること間違い無しです。
    男娼なので欲望には忠実だけど、女々しさなどはまるでなく、
    寧ろ男らしくて誰にでも好かれるキャラクターだと思います。
    それにジェムはとにかくお喋りで、気難しいアランを笑わせるべく、
    作中、度々下品な小話を会話に挟むんですが、アランの反応を
    見た時の彼の心情が可愛くて読んでいて楽しかったです。
    そんなジェムがシバースに捕われ、身体の一部を切断されそうになった
    辺りは物凄くハラハラしてしまい、早く早くと助けを願いながら読みました。
    正直、アランがシバースを殺してしまうとは思ってなかったので
    この結末には多少驚きましたが…まぁ、殺されて当然の事をしてますし、
    戦争経験者であるアランからしたら、今更自分の手が
    新たな血で染まったところで…ってところなんでしょうね。
    でもやっぱり、殺人まではいかないで欲しかったなぁ…。

    でもその後、ジェムがアランに誓いを立てるシーンや、熱を出して
    具合が悪そうなジェムを少しでも苦痛から解放するべくアランが
    小話を披露するシーンなど思わずほろっと来るような展開が幾つかあり、
    ラストは嵐が去った後の空模様のようにとても明るく爽やかで、
    読み終わった後にほっこりとした幸せな余韻が残りました。
    因みに最後にリバがあるのですが、ジェムが挑発的な言葉で煽っても、
    絶対に汚い言葉を使わないアランに笑いました。貴族ですもんね(笑)

    そんな感じで、読み終わってしまうのが惜しいと感じるくらい面白い作品でした。
    「めちゃくちゃ愛してる。サー・アラン・ワトレー」
    ジェムがアランに放ったこの台詞が心に凄く響いていて、
    暫くこの作品の事が頭から離れそうにありません。いつかまた読み返すかも。

  • わっほい、ヒストリカルだーヒストリカルだー。
    なんかすごいよこれ。
    訳たどいのに、話にひきつけられて、ついつい読み進めてしまったぞ。
    主従だけど、ケンカップルですな。
    でもって、最後の爆弾に。
    おいらは爆笑しました。
    やってくれるぜ、こんちくしょう。

全5件中 1 - 5件を表示

マイ・ディア・マスター (モノクローム・ロマンス文庫)のその他の作品

マイ・ディア・マスター (モノクローム・ロマンス文庫) Kindle版 マイ・ディア・マスター (モノクローム・ロマンス文庫) ボニー・ディー&サマー・デヴォン
ツイートする