月への吠えかた教えます (モノクローム・ロマンス文庫)

  • 新書館
3.81
  • (3)
  • (7)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403560347

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 積本、シリーズ第1弾。保安官・ランス(ボーダーコリー)×人生に挫折した・ティム。人間に変身できる力を持った犬たち(クイック)が暮らす街が舞台、面白かったです。真面目で不器用なランスのヘタレっぷりw ティムの過去は辛いものだけど、ランスや街の皆に守られ幸せな未来が垣間見れてホッとした。登場人物がほぼワンコになれる人たちばかりで、ワンコの習性や性格そのものな感じが可愛い♥ 続きが楽しみです。

  • 面白かった!今まで読んできたM/Mの中でも、軽妙で楽しく、そして優しいお話だった。
    海外作品なのに読みやすいところも良い。話も分かりやすく情景を想像してはときめいていました。
    人間に変身できる動物が犬(それもボーダーコリー)というのも、可愛らしくて萌えに一役買っていた。
    本能で相手に惹かれていく描写も自然だし、挿絵も魅力的。何この抗いたくない魅力は。
    この次のお話も楽しみ。そして、仔犬可愛い。

  • 本当に人間に愛され愛した犬は人間に変身できるようになる。
    変身できる種族はクイックと呼ばれ
    マッドクリークという辺鄙な町に住んでいる。
    そんなマッドクリークに越して来たティムは
    トラウマを抱えていたが心機一転!!
    マッドクリークで人生をやり直すつもりでいた。
    クイックの保安官ランスは
    群の仲間を守ることが生きがいで最優先。
    で少々堅物な性格。
    新入りにも目を光らすランスは
    ティムからマリファナの匂いを嗅ぎこの町では勝手な事は許さない!!とばかりに目を付ける。

    可愛らしい話で続編期待!!
    犬好きには たまらないと思う。

  • 人間になれる犬種の保安官×新しく町に越してきた青年。
    パートナーを持つよりも仕事第一の攻め。しかし犬としての本能が受けの前では解放されて自由にくつろいだり遊んだりして悦びを感じでいるのが丁寧に伝わってきてこちらも幸せな気分になりました。
    ただ、正体と嘘がいつバレるのかドキドキでしたが…そこが面白さのひとつでもあるんですが。
    恋人としてよりも犬と飼い主の関係がより共感してしまいほろっときました…

  • 好き。犬(チャンス)ランス×人間ティムの恋物語。ランスがティムとキスしては「俺の」ティムのアレを掴んでも「俺のだ」と犬の本性丸出しで呻くのが可愛い。ランスがティムの前で初めて変身したシーンは最高。久々に本読みながら声出して笑った(家で良かった)。

全6件中 1 - 6件を表示

イーライ・イーストンの作品

ツイートする