パーム (4) あるはずのない海 (2) (ウィングス・コミックス)

著者 :
  • 新書館
4.00
  • (7)
  • (0)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403610882

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初版:1985/10/05
    第3刷:1986/02/25

  • 「パーム」シリーズ第4巻。
    シリーズ3話「あるはずのない海 But for the sea」第2巻。

  • パーム4 あるはずのない海?─THE SEA SHOULDN'T EXIST─<BR> 伸たまき 新書館ウィングスコミックス<BR> ISBN
    4403610889 500円(税込) 1985年10月5日初版<BR>
    【ストーリー】
    <BR>アンディを居候させることになったカーター。ジェームスとアンディの間の不思議な力が徐々に顕在化。文化や発想の全く違うアンディがオーガス家に大混乱をもたらす。ジェームスの幼馴染のワイエスから依頼された仕事を引き受けるカーターとその助手ジェームス。<BR>
    私立探偵としていよいよ活動が本格的に。エリーの遺産で雇われた刺客がジェームスに差し向けられたという情報が・・・・。<BR>本編(?)の最後ではビアトリスが攫われてしまう。<BR><BR>
    【感想】
    <BR>アンディとのやりとりでビアトリスの心に何かが生まれて彼女が変わっていく様子というのが好きです。<BR><BR>
    「こんなことは言いたくないが君 心なしか女に冷たいぞ」<BR>
    この頃から、私がこのシリーズにハマった当時一番の大きな要素であったジェームスのホモ疑惑とカーターをからかうあやしい駆け引きが(笑)<BR><BR>
    当時は読んでいても表情に乏しくクールすぎるジェームスが何を考えているのかが全然読めずトウヘンボク!とか思っていましたが、今この作品と長年付き合って読むと結構可愛い。

全3件中 1 - 3件を表示

パーム (4) あるはずのない海 (2) (ウィングス・コミックス)のその他の作品

伸たまきの作品

ツイートする