パーム (22) 愛でなく (8) (ウィングス・コミックス)

著者 : 伸たまき
  • 新書館 (1997年2月1日発売)
4.06
  • (8)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :43
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403614439

パーム (22) 愛でなく (8) (ウィングス・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「パーム」シリーズ第22巻。
    シリーズ7話「愛でなく NOT LOVE, But Affection」第8巻。

  • パーム22 愛でなく?─Not Love, But AFFECTION─ 伸たまき 新書館ウィングスコミックス ISBN4403614434<BR>
    520円(税込)1997年2月10日初版<BR><BR>
    【ストーリー】<BR>
    巻頭に「おすすめ分野付き/エコロジー・スタンス人物紹介」付き。環境に対する各キャラの認識度やおすすめの活動分野が標されています。<BR>
    ジェームスの記者会見を皮切りに、かつてなく注目を浴びる環境会議。博士の撤退にともないオワキンクからシャカ王自らがやってくることに。歓迎会の準備を進めるが王の遅延で主役抜きでパーティーが始まる。ところがパーティー会場はテロリスト・森林貴族に占拠されていた・・・・。シドが人質にとられ、追うジェームスとカーターの前に黒いライオンの目撃者や牙を持つ黒い男が現れ・・・・。なんとか乗り切りシドも救うがライオンの力強さにすっかり魅せられてしまうジェームス。<BR><BR>
    【感想】<BR>
    フォアウッドのばかばかしい発言炸裂。会議発言者の内容はかなり現実に即して書かれている印象でためになります。消える黒い男とか黒いライオンとか、初読のときは「わけわからん・・・」という感じでしたがいまは大体ノリで理解しています・・・。そこからやってくるそんな不思議な者たちがいてもいいかあぁ・・・と。

全2件中 1 - 2件を表示

パーム (22) 愛でなく (8) (ウィングス・コミックス)のその他の作品

伸たまきの作品

パーム (22) 愛でなく (8) (ウィングス・コミックス)はこんなマンガです

ツイートする