わたしのことどう思ってる? ― 西炯子短編集 (ウィングス・コミックス)

著者 :
  • 新書館
3.54
  • (9)
  • (11)
  • (31)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 95
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403614835

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  表題作も良かったけれど、「虹のできるわけ」が一番好き。切なくもシニカルでとっても悲しく、何度も読み返したくなる。虹のできる本当のわけをヨリコは知った方が良かったのか、それとも知らないままでいた方がよかったのか。

  • 西さんらしいといえばらしいんだけども、どうも私は、最初期の「水が氷になるとき」とか、ああいう、神経にキリっとくる作品の方がいいなあ。「虹のできるわけ」は、そんな感じでとても好きだ。

    しかし、「戦場にかける恥」は素晴らしい。あれぞ、と思う。

  • 西さんのwings短編集ではこれが一番好き。

  • 短編集

  • 西 炯子がとにかく好き!

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

西 炯子(にし けいこ)
鹿児島県出身。にし けいこ名義でも活動している。鹿児島県立指宿高等学校、都留文科大学国文科卒業。
雑誌『JUNE』「竹宮惠子の漫画教室」へ投稿を続け、1986年に採用掲載されてデビュー。まだ高校生だった。大学卒業後も教員をしながら作品を発表する多忙な生活を送り、漫画家として独立。
代表作品に『三番町萩原屋の美人』がある。ほか、2006年「STAY〜ああ今年の夏も何もなかったわ」、2015年「娚の一生」がそれぞれ実写映画化されている。

西炯子の作品

ツイートする