フラワー・オブ・ライフ (1) (ウィングス・コミックス)

  • 新書館
3.77
  • (333)
  • (248)
  • (572)
  • (8)
  • (4)
本棚登録 : 2018
レビュー : 244
  • Amazon.co.jp ・マンガ (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403617492

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全4巻

  • 全4巻。
    すごく面白かった!
    高校生の日常漫画。
    白血病を克服して再入学した春太郎。
    ちょっとぽっちゃり体型で引っ込み思案な三国。
    二次オタでなに考えているかわからない真鍋。
    クラスメイトのほかの色んな人物の話が入り組んでいて、なんだか本当に高校のクラスの中に居る気分になる。
    こういう学園ものだとイジメとか妊娠とか陰湿で痛々しいお話が混ざっていたりするもんですが。
    そういうやらしい部分が全然なくって、安心して読める感じ。
    でも、4巻目で急展開。
    このタイトルの意味がハッキリわかって切ないッス。
    すごい良く出来ている。

  • 3巻まではケラケラ笑いながら読んでましたが最後の急展開にすっっっごい衝撃を受けました。なるほど、だから「フラワーオブライフ」ですか・・・。深い深いタイトルの意味に感服いたしました。よしながふみ先生。

  • 全4巻。ちょっと個性的な、でもごく普通の高校生たちの日常を描いた漫画。特別なことは何もなかったけれど、ちょっとしたこと(当人には大事)で笑ったり悩んだりしていたな、と高校時代を思い返しました。

  • よしなが先生の漫画はどこか合わないと思っていたけど、これは面白かった。

  • 必ずしも青春は甘酸っぱくないよね。

  • 笑いあり涙あり。読んでてほのぼのとした気分になれますね。キャラクターが多いわりに一人一人のキャラ付けがしっかりしていて、感情移入しやすかったです。一部例外キャラもいますが…。全四巻で終わってしまったのが惜しい!ラストのもっていきかたが捻くれてるなーと思いつつ、好みではあるので満足してます。

  • 最後のシーンすき。

  • 全4巻
    終わり方がよく分かりませんでした

  • 全4巻。

    なんと言っていいかわかりませんが、とにかく青春です。
    キャラクターが個性溢れていて、特にメガネコンビは最高です。

全244件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

よしなが ふみ
東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒、同大学院法学研究科中退。代表作の『西洋骨董洋菓子店』は2001年にドラマ化されたうえ、翌年2002年第26回(平成14年度)講談社漫画賞少女部門受賞。白泉社「月刊メロディ」で『大奥』を連載しており、2006年第5回(2005年度)センス・オブ・ジェンダー賞特別賞、第10回(平成18年度)文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞、2010年に実写映画化されている。
ほかの作品に、『フラワー・オブ・ライフ』『愛がなくても喰ってゆけます』『愛すべき娘たち』『こどもの体温』『きのう何食べた?』などがある。

フラワー・オブ・ライフ (1) (ウィングス・コミックス)のその他の作品

よしながふみの作品

ツイートする