フラワー・オブ・ライフ (1) (ウィングス・コミックス)

  • 新書館
3.77
  • (333)
  • (248)
  • (572)
  • (8)
  • (4)
本棚登録 : 2018
レビュー : 244
  • Amazon.co.jp ・マンガ (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403617492

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大好きです♪
    よしながさんをはじめて知った本

    一度読んだだけで愛しちゃいました♪
    やさしくなりたい人に。。。

    期待しないで読むのがいいよ



    2巻くらいから。。。妙に真島君がきになる。。。これは恋??

  • なにを書いてもネタバレになる!(笑)
    よしながふみを知らない人に勧めるなら、これかなあ。
    BLというカテゴリーにとらわれないよしながふみの懐の深さを実感します。
    出来れば4巻まとめて読んでね。

    ちなみに、私は真島に萌えます。

  • 超面白いと思うのに友達に勧めると結構不評。なんで?
    高校生(と先生)の繊細な心情が丁寧に描かれていて素晴らしいと思います。全く素晴らしい。あたしのよしなが作品二作目。これがきっかけでよしながファンに。

  • ほんとにこのマンガ好きです。ごり押し。
    100円になってから買おうと思ってましたが我慢できず買ってしまいました。

  • なかなか。

  • 高校時代に先生から『学校は社会の縮図である』とよくいわれたものですが
    非常に今的で濃い高校生や教師が登場する学園もの。1〜4巻まで通して
    描かれる恋愛・死生観・友情‥‥周囲の大人たちの生き様含め、
    登場人物それぞれに魅力がありとてもおもしろかった。
    一度コミケに行ってみたいなぁ〜と心底思いました。

  • やっぱ日本の学生生活に憧れる。
    校内行事がいっぱいあって、集団で群れて(笑
    変な規則があったり、クラスでもめたり、
    かったるいけど楽しいよね。

    そんなことをふと思いました。

  • 面白かった…(全4巻)

  • 登場人物、みんなかわいい。
    これBLじゃないかもしれないけれど、登場人物のマインドがBLなのでOKです。
    それぞれの人物がトラブルや障害を抱えていて、それを気づかう友人たちのやさしさにホッとします。

  • 別によしなが先生のファンでもない友人が買って貸してくれて。
    めちゃくちゃ面白かったので自分でも買った。
    ときどき無性に読みたくなる。
    白血病でダブった主人公と、
    とっても癒されるデブと、
    ほんっとうには悪いやつじゃないんだけど性格最悪のヲタク男
    が型にはまらないけどはまってる高校生活をゆるーい感じで描いてて、
    なんかじーんとしてしまう。
    4巻で完結したけど、めんどいから1巻のみレビュー。

全244件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

よしなが ふみ
東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒、同大学院法学研究科中退。代表作の『西洋骨董洋菓子店』は2001年にドラマ化されたうえ、翌年2002年第26回(平成14年度)講談社漫画賞少女部門受賞。白泉社「月刊メロディ」で『大奥』を連載しており、2006年第5回(2005年度)センス・オブ・ジェンダー賞特別賞、第10回(平成18年度)文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞、2010年に実写映画化されている。
ほかの作品に、『フラワー・オブ・ライフ』『愛がなくても喰ってゆけます』『愛すべき娘たち』『こどもの体温』『きのう何食べた?』などがある。

フラワー・オブ・ライフ (1) (ウィングス・コミックス)のその他の作品

よしながふみの作品

ツイートする