パーム (27) 午前の光 (1) (ウィングス・コミックス)

  • 97人登録
  • 3.85評価
    • (21)
    • (4)
    • (29)
    • (0)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 獸木野生
  • 新書館 (2005年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403617812

パーム (27) 午前の光 (1) (ウィングス・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 思春期を卒業した(?)アンディの成長ぶりには、わらってしまいます。
    うーむ。成長といえるのかどうか。

    ちょっと、極端に走るカーターさん。自分が本当に大切に思っている相手に対しては、メチャクチャ不器用なようですね。
    ジャネットには、それが通じたようですが、ジョイにまだしっかりと伝わっていないみたいです。

    ジョイは、自分のなかの孤独さをジェームズにうつしてみているみたいなところがあって、実は、そのあたりは、恋愛ではないのではないかと思ったりします。
    それに、ジェームズにしたって、ギャングがらみのことが一段落しても、彼の「本当の場所」に、ジョイを連れて行くのかどうか?

    やっぱり、物語をかく人間には、読者が必要だと思うし…。

    まだまだ、始まったばかりで、次の展開が気になるパーム新章です。

  • 文庫になるのを待っていたけど文庫になるには道のりが遠過ぎて買ってしまった。パームは墓にまで持って行きたいほど好きなシリーズだけどJBの出生の秘密にかかわるこの3冊は特にまた何回も何回も読み返してしまうだろうなあ。フィクションから何を学ぶかは人それぞれだと思うけれど、フィクションでしか語れないことがあるからわたしはそれを読むんだとパームを読む度に思う。関係に名前をつけることの愚かしさや誰かを手に入れると思う事の愚かしさや今生きている確率のことを考える。とても。

    ———人生に「もし」はない。

    ジェームスが最後に言うところがとても好き。

  • 無事に完結する事を願っています。

  • 作者のライフワークともなっている作品。
    絵は取っつきにくいかもしれないが、慣れてくると綺麗。最近はパソコンで描かれているが、その良さを上手く処理してあり、ますます画に迫力が出てきた。
    内容もぶれず、骨太な造り。

  • 最新刊まで

  • 「パーム」シリーズ第27巻。
    シリーズ8話「午前の光 Honeymoon with Life」第1巻。

  • 全3 既刊2 カーターの妹とジェームズの婚約話。

    ジェームズの母親の回想。彼女は誰かに強姦され、全身麻痺のままジェームズを産んだ。
    「こうなる前の人生のことを繰り返し考えるの。無意味に思っていた毎日のことを。もしかしたら幸せで素晴らしい日々だったかも知れないのに私はそれを感じなかった。いつも何かが違うように思っていたの。間違った場所に生まれてきたような。」
    「何て愚かだったのかしら。もっと人生を味わい楽しめたかもしれないのにそうしなかった。どこかにもっとすばらしい世界があるとおもっていたのよ。自分が愛され、理解されるような。自分が不幸だと思っていたなんて何て馬鹿なのかしら。」
    ―――
    「彼女が泣くのを見たのはそれが初めてだった」
    と彼女を愛した画家は語る。

  • アメリカが舞台のお話。最終巻まで後何年?オールスタープロジェクトが一番好きです。

  • パーム27 午前の光?<BR> 獣木野生(旧・伸たまき) 新書館ウィングスコミックス<BR> ISBN
    4403617816 520円(税別) 2005年2月10日初版<BR>
    【ストーリー】<BR>
    長編シリーズの新作。ジェームス誕生の様子、母イライザの生き方、カーターの妹ジョイ(16歳)のジェームスへの求愛、ネガット潰しがマフィアの抗争で始まり、FBIはジェームスにマイケル・ネガット事件に関して公聴会での証言を求める。イライザのよき友人であったハーヴ・ハスキンスが語る彼女。ジェームスが証言を引き受けたことでカーターの心労はますます募るが・・・・。<BR><BR>
    【感想】<BR>
    新章スタート、ひさびさで嬉しいです!<BR><BR>ジェームスの母の素性に続き、ジョイの登場、と今まで知りたかったパームシリーズのバックボーンに当たる部分がこれからどんどん明かされていきそうな気配。ネガット事件の洗い直しによる波紋など、今後の展開に期待。カーターの壊れ具合が楽しい本編でした。<BR>今、パームを読み返していて、引き続き残りの分も徐々にこちらにブクログレビューを書き綴っていきたいと思います。

  • そしてようやく始まった「午前の光」。パームシリーズはこの話を含めて後3話だそうで。しかし続きを登録できる日は一体何時になるのやら。未完の大作だけは心底勘弁してください。

全14件中 1 - 10件を表示

パーム (27) 午前の光 (1) (ウィングス・コミックス)のその他の作品

獸木野生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

パーム (27) 午前の光 (1) (ウィングス・コミックス)はこんなマンガです

ツイートする