フラワー・オブ・ライフ (2) (Wings comics)

  • 新書館
3.73
  • (159)
  • (119)
  • (300)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 1183
レビュー : 75
  • Amazon.co.jp ・マンガ (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403617928

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 06.11.27通学途中のバスの中とかで読まなくて本当に良かった。本当に。美形なのに気持ち悪いって凄い。

  • 普通の学校の学園もの…だけどキャラクターが普通じゃない…ゆえに物語の流れも一筋縄じゃ行きません。こういう書き方があるんだなぁ。

  • ちょう平和…

  • 2巻の学園祭シーンがお気に入り。

  • 漫画を読んでも成績は下がりませんが、漫画を描くと確実に成績は下がります。

  • オダジョーと提真一って・・趣味なのかな

  • 1年A組の武田隅子。この人も、いいキャラです‥!<Br>
    真島がグレゴリーの役を受けるのと引き換えに要求した、「プライスレスな贈り物」に、唖然。“男の夢”‥!?爆笑

  • オタクっていいもんだ!ドラマCDは悶絶モノです。

  • 主人公とは違うクラスだけど同級生の女子が登場。
    漫画をスキな人は探すといっぱいいるけれど、もしかしたら探せば漫画を描いてる子もいっぱいいたのかなあと思った。
    そして文化祭。
    エキサイトしてて楽しそうです。いいなぁ。

  •  武田さんの「もし欲しかったら以下略」が凄く楽しかったです。が、真島君の「一度生身の女に言ってみたかった…」は理解できなかった…。言ってみたいものなの? 一転、ハル君の「病気が治って半年経ったら」は本当重い言葉ですよね。ところで、おまけでレシピが載っていた辺りがこの先生だなぁ…としみじみ思いました。いえ、美味しそうなケーキだったから、嬉しいんですけどね…。

全75件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

よしなが ふみ
東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒、同大学院法学研究科中退。代表作の『西洋骨董洋菓子店』は2001年にドラマ化されたうえ、翌年2002年第26回(平成14年度)講談社漫画賞少女部門受賞。白泉社「月刊メロディ」で『大奥』を連載しており、2006年第5回(2005年度)センス・オブ・ジェンダー賞特別賞、第10回(平成18年度)文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞、2010年に実写映画化されている。
ほかの作品に、『フラワー・オブ・ライフ』『愛がなくても喰ってゆけます』『愛すべき娘たち』『こどもの体温』『きのう何食べた?』などがある。

フラワー・オブ・ライフ (2) (Wings comics)のその他の作品

よしながふみの作品

ツイートする