フラワー・オブ・ライフ (2) (Wings comics)

  • 新書館
3.73
  • (159)
  • (119)
  • (300)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 1184
レビュー : 75
  • Amazon.co.jp ・マンガ (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403617928

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いいなー、こんな高校生活。
    みんなで勉強会とか文化祭とか。
    真島がウケる。

  • 春太郎のお父さんが「春太郎は白血病の治療のせいで子供が出来なくなった」ことを
    翔太のお父さんに話すと翔太のお父さんはそのことの重大さを感じる。
    翔太は「二人だけのヒミツじゃないのかぁ・・・」と少し残念そう。
    この対比が子を持つ親(春太郎のお父さんと翔太のお父さん・大人)と子供(春太郎と翔太)の対比として数コマなのに上手い。

    春太郎のお姉さんは、どんな気持ちで春太郎を待っていたんだろう?
    4巻まで読んだ後だと全く印象の変わるシーンだなぁ。

  • 真島がある日拾ったノートに書かれたルイジアナにひな菊咲いてという漫画にハマるみんな。作者の武田隈子さんはA組の貞子のような容貌。真島に脅され全部ノートを見せ、甘言に乗せられ真島の言うとおりコミケ用に漫画を書き換えていくがなんだかどんどんおかしなBLになっていって、評判悪く真島のチケット入手のもくろみは破綻する。が、...。
    そしてそんな間、みんなで試験勉強することになり...。

    姉ちゃんのかぼちゃ尽くしのデザートいいなぁ。

  • 真島くんの暴走が止まらない!!
    個人的には受が女の子と見まごうギリギリのラインがいいというのは、もう古いよねと思いますが…。

  • 読み返し。

  • 【再読】懐かしい、高校の文化祭のノリ。

  • 内容紹介
    一年間。春太郎は宣言してきた。「俺、隠しごととかキライだから!」そのポリシーのままに、高一ライフを過ごした彼に、事件が起こる。それは。
    ささいな毎日、ちいさな悩み、平凡な学校行事、手が届きそうな夢。ごく普通の高校一年生を、ドラマチックに体験してきた、春太郎とクラスメートの一年間がここにある。
    名手よしながふみが描く、最高の高校生日記、完結!!

  • 読了

  • (081230)

  • 2巻まで。真島!

著者プロフィール

よしなが ふみ
東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒、同大学院法学研究科中退。代表作の『西洋骨董洋菓子店』は2001年にドラマ化されたうえ、翌年2002年第26回(平成14年度)講談社漫画賞少女部門受賞。白泉社「月刊メロディ」で『大奥』を連載しており、2006年第5回(2005年度)センス・オブ・ジェンダー賞特別賞、第10回(平成18年度)文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞、2010年に実写映画化されている。
ほかの作品に、『フラワー・オブ・ライフ』『愛がなくても喰ってゆけます』『愛すべき娘たち』『こどもの体温』『きのう何食べた?』などがある。

フラワー・オブ・ライフ (2) (Wings comics)のその他の作品

よしながふみの作品

ツイートする