金色騎士 (ウィングス・コミックス)

著者 :
  • 新書館
3.78
  • (32)
  • (44)
  • (32)
  • (7)
  • (4)
  • 本棚登録 :461
  • レビュー :23
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784403619700

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こんな騎士さん居てもいいじゃない。
    かっこいいのに顔崩れた時とのギャップ激しいし。
    裸体だけじゃなくて眼鏡で天パてとこも◎。

  • 少年も少女も登場人物が本当に美しい。
    艶漢の登場人物ににているけど、金色騎士、もっと読んでみたい。
    鐘守り姫も面白くて好き。
    源太郎の見た目のわりに弱いところとか笑った。
    お話も童話みたいで綺麗に終わってよかった。

  • 軽くて浅い物語に、無駄に艶めいて流麗な絵。このアンバランスさが絶妙です。過剰な描き込みに重厚なストーリーでは、情報過多で読む人を選んでしまうかも。絵で魅せるのなら、このくらいのノリの方が楽しめますね。

  • 作者様の作品解説が途中にあるのですが、艶漢に出てくる杏里という金髪キャラの設定で、正義感溢れる一面のあるキャラもありだと思われた気持ちが形になった短編集です。
    詩朗にも似ている黒髪キャラもいるので艶漢の原点なのかもしれません。
    絵とのギャップを一番感じるのはギャグテイストな展開が多めな所ですかね(展開と言っても表情が多い)

    ラブコメの雰囲気がある鐘守りのお話が個人的に好きです。
    ブリーフ草の発想にたまに思い出し笑いしたりします。

  • 『廃墟少女』で作者に興味を持ち、表紙の金髪天パ美男子に惹かれて購入。
    どの短編も綺麗にまとまっていて、絵も素敵。
    物語の中身自体は、表題作以外の方が好みでした。
    表題作はなんだか”キャラのテンプレ”感を感じてしまって――長い作品で掘り下げられていたら、もう少し違っていたかも。
    一番好きだったのは「鐘守り姫」。
    少しだけ知っていて本質の部分を知らない事が偏見に繋がるのだというのは、本当にそうだと思いました。

  • 日中は、村人の為に働き、夜になると村人達がお礼の品を持ち寄って自然と宴会になる。
    こんな暮らし、良いな〜

  • 艶漢の・・・なんだろ。スピンオフでもないけど、つーか、キャラ被ってるしなぁ。安里が主役で詩朗と光路郎を足して2で割ったようなキャラになってるんだけど・・・
    まぁ、作品のレベルはストーリー的にも絵的にも艶漢とそう変わりませんね。
    世界観はいかがわしくて艶漢の方がステキですけど~。ま、特に深い部分がないだけ、艶漢よりサラっと読めるかも?
    あと、鐘守のお話もよかった。王子やっぱなんかエロイ。

  • 絢爛豪華な絵、設定、キャラ、すべてにおいて尚さんが全力で楽しんでるかんじがする。そういうまんががだいすき。どんどん読者振り切ってくれよ!って思う。

  • 「艶漢」の詩郎と安里のパラレル読んでいる感じ。どこまでも果てしなくBL臭く思えてしまうのは、なぜここでそんなに色っぽいポージング?!があるからだろう(笑)。柳腰のエロさはここでも堪能できる!

  • ホント、先生のイラストは綺麗すぎて・・・!!
    イケメンだしかわいいしで///

    なのに、顔崩すときはいくらイケメンでも容赦なく崩す先生が大好きですw

全23件中 1 - 10件を表示

金色騎士 (ウィングス・コミックス)のその他の作品

尚月地の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
日丸屋 秀和
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
東村 アキコ
青桐 ナツ
ヤマシタ トモコ
有効な右矢印 無効な右矢印

金色騎士 (ウィングス・コミックス)はこんなマンガです

金色騎士 (ウィングス・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする