みどりのまきば (2) (ウィングス・コミックス)

著者 : 御徒町鳩
  • 新書館 (2010年9月25日発売)
4.45
  • (12)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 69人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403619762

みどりのまきば (2) (ウィングス・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • そうだ子どもの時ってこうだった!って思い出した。ケストナーの飛ぶ教室で子どもはなんの悩みもなく幸せな存在だと思っている大人がいるけれどそれは間違いだというくだりがあるけれど、それを思い出した。みんな悩み憧れながら大人になるんだなあ。幸せになってくれと素直に思える人たちばかりでよかった

  • もっと続きが読みたい。なんかいきなり終わった感じで残念。でもすごくほのぼのとして、みんなそれぞれいい子で、成長がきちんとたった二巻の中でみえたのがとても良かった。子供の世界観とあたたかく見守ってる大人の世界観が交わる話作りが上手いな〜。とくに大人の書き方がリアルと理想の狭間を上手にチョイスしていて気持ちよかったです。

  • 御徒町鳩先生は、登場人物の目線になって話を書くのがとても上手だと思います。主人公が小学生にも拘わらず、小学生らしい友情や恋愛の葛藤が描かれている素敵な一冊です。後半の大人になった姿も、また素敵でした。

全3件中 1 - 3件を表示

御徒町鳩の作品

みどりのまきば (2) (ウィングス・コミックス)はこんなマンガです

ツイートする