平台がおまちかね 出版社営業・井辻智紀の業務日誌 (ウィングス・コミックス)

著者 : 久世番子
制作 : 大崎 梢 
  • 新書館 (2011年4月23日発売)
3.52
  • (10)
  • (35)
  • (32)
  • (8)
  • (1)
  • 本棚登録 :312
  • レビュー :28
  • Amazon.co.jp ・マンガ (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403621055

平台がおまちかね 出版社営業・井辻智紀の業務日誌 (ウィングス・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おもしろかった。
    原作読みたいなぁ。

    出版社の営業さんの話。

  • 出版社に勤める営業マンに着目したお話。
    少しミステリーの要素も有り。
    最終話に影の暗躍者っぽく登場した女性は、続編が出れば再度登場しそうな雰囲気を醸し出しているのですが、原作ではどのような描かれ方をしているのか気になりました。

  • 「暴れん坊本屋さん」が面白く、同じ作者ということで購入。趣向は違うがこちらも面白くもう少し続いてほしかった。

  • 原作に忠実でよいのだけれど、私の好きな部分の萌がこちらには表現されてなかったので結構冷めた感じで読んでしまいました。

  • 面白かった

  • 同名の小説を「暴れん坊本屋さん」の番子さんがコミカライズした作品。

    ある新人出版社営業・井辻が、営業にまわる書店で出会った様々なエピソードを描く。時にライトミステリー調だったり、時に人情モノっぽかったり様々。1話完結で全6話収録されている。

    他社の先輩営業マン・真柴など脇役も個性にとんでいて面白いです。本屋好きな人ならきっと気に入るとおもいますよ。

  • 原作は未読。爽やかでさらっと読めた。

  • 出版社の営業の人が主人公の話。
    本屋は大好きでよく行くけれど、こんな仕事をしている人がいるなんて知らなかったなぁ。
    ミステリーな感じですね。

    吉野さん確かにイケメンだけど、真柴さんも好きですよ(笑)

  • 期待しないで買って積んで置いたのだけど、
    すんごくかわいい本だった!

  • 出版社の営業の人の話。軽いミステリー仕立て。

全28件中 1 - 10件を表示

久世番子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

平台がおまちかね 出版社営業・井辻智紀の業務日誌 (ウィングス・コミックス)はこんなマンガです

ツイートする