まぼろしにふれてよ (2) (ウィングス・コミックス)

著者 : 雨隠ギド
  • 新書館 (2011年11月25日発売)
3.84
  • (9)
  • (14)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :133
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403621284

まぼろしにふれてよ (2) (ウィングス・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今回謎の“テンコウセイ”の存在が明るみに出たり、リッピーのひみつが明かされたりするのだけど、どちらかというと赤塚先輩が多数登場していたことの方が驚きでした

  • りっぴの話で号泣

  • 過去が分かってきて、一巻より面白くなったかな。

  • [漫画] まぼろしにふれてよ:最終巻での盛り上がりに感動
    http://orecen.com/manga/maboroshi-ni-fureteyo/

  • あやしい転校生がやってきたり、過去をちょっと思い出したり。ひとこ自身の謎が見えてきて話が広がってきた。
    くろちゃんのモノ発言と先生がきーにーなーるー!!!なにあれ!
    あと私も生徒会長とデートしたいわぁ~♪て、ムリムリムリとか言うのマジやめてぇぇぇぇぇ死んじゃううううう!

  • 1巻と同じ感じで基本的にはのんびりいくのかなと思ったら最後に一気に出てきましたね。最後は泣きました。りっぴにまさかそんな真実があったなんて。そしてひとこにも。ひとこが1巻で最初苦手だったと書いたんだけど、それって単にそういうキャラってわけではなく理由があったんですね。直感で動いて、考えようとしても物を深く考えられないのは、封をされてるからだったとは。考えられないからとにかく覚えておく、思い出す、という事を前半でやってて、成長かなーと見てたんだけどそんな理由があるとは思いませんでした。そしてテンコウセイ。つまり、半分はひとこという事?元が何かはまだ判らないけど。狐怖いですね。得体がしれない。かわいそ~と涙しながら平気で頭を弄る。百地の先祖も人ながらに恐ろしいと思ったけど、人の範囲内だった。狐は根本的に違うんでしょうね。顔が先輩に似てたような気がするのは気のせいかしら。
    先輩。先輩は初めから見えてたんですよね。そこ1巻の時点で疑問だった。その後も普通に見えててあれ?と思ったら漸く突っ込まれたけど、誤魔化したので、怪しいと思っていたらテンコウセイと繋がってるのですか。実は裏が?微妙にショックでした。引っ越すのかな?だから3年なのにあんな感じだったり、ひとこに近づいたのも偶然じゃなかったりするのでしょうか。
    そして先生も怪しい。くろは猫又なのに先生が親戚って??と思ってたら、先生は知ってるどころか先生こそがまじないをかけてる張本人だったんですね。何か企んでるんだろうか。
    前半は先輩かわいいなと読んでました。デート楽しみにしてたり、実はデートした事ないとか、太鼓やるの待ち構えてたのに出来なくてしょんぼりしてたり。3人でいる事楽しそうだったのに。そして物に対する愛しさを説いてるところすごく良かったです。

  • 2011/11/26購入・2012/02/11読了

    優しいたぬきが狸筆(リッピ)となっていたのだなぁ・・・。

    過去編を読めてなかなか面白かった。

    記憶を一部取り戻した「ひとこ」がどうなっていくのかが気になる。

  • 面白くなってきたー!(`∀´)リッピーの正体に泣いた…っ。

  • 最後がぞくぞくした・・・なんとなく物語が理解できてきた。

  • なんか謎が判明したような深まったような...。
    ...真加村先輩...敵なのか味方なのか...? 

    リッピーは漢(オトコ)だったのね。
    イイオトコ♪

全12件中 1 - 10件を表示

まぼろしにふれてよ (2) (ウィングス・コミックス)のその他の作品

雨隠ギドの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヤマシタ トモコ
雨隠ギド
中村 明日美子
ヤマシタ トモコ
有効な右矢印 無効な右矢印

まぼろしにふれてよ (2) (ウィングス・コミックス)はこんなマンガです

まぼろしにふれてよ (2) (ウィングス・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする