童殿上なんかするんじゃなかった! (ウィングス・コミックス)

著者 : 高橋冴未
  • 新書館 (2014年7月25日発売)
2.73
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :35
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403621802

童殿上なんかするんじゃなかった! (ウィングス・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • きらきら馨るの次世代物語
    もっとわくわくして読めると思ったけど、昔の熱は覚めてしまっていたようであまり面白く感じない…。

  • 「きらきら馨る」の登場人物たちの子供が主人公。・・・絵がなぁ・・・。かなり劣化しています。ストーリーもあんまりおもしろくないし。残念です。

  • 現代テイストのキレとゆるさが絶妙な平安宮廷ストーリー
    期待通りと~ってもおもしろかったですv
    立花の交代要員はどうにかなるのか、気になるところですが続編もあるようなので、二人の恋の行方を今後も見守りたいと思います
    また、東宮様が即位するころには透理くんも公卿の地位についているでしょうが、周囲をはばからず平気で口喧嘩していそうで楽しみ過ぎるので、ぜひそのあたりまで描いて頂きたいです

  • きらきら馨るが終わってから10年も経つんだそうです。作中でもそれくらい経過してるのかな?中身としてはライトでした。きらきらのキャラは、すこーしお目見えぐらいの感じかも(年取ってるし) 童達がかわいいです。

  • 『きらきら馨る』の次世代ストーリー!
    『きらきら馨る』読者には出てくる人ごとに楽しめるのではないかと。
    沙桐ちゃん、大人になったなぁ…。
    弾正院宮様や中務卿宮様は相変わらずでした。

  • 懐かしくてつい購入。
    少女マンガ読みの女子なら必ず通るんではないだろうか、平安もの!
    私にとってはなんて素敵にジャパネスクとこの本の前作きらきら馨るでした。
    続きそうだったのに、結構あっけなく最終回であれっ!?と…。他の殿上童や、前作のキャラ再登場させればもっと続けられそうに思うんだけど…。

  • 懐かしい!
    でも、もっと宮様'Sの出番が欲しかったな。

全7件中 1 - 7件を表示

童殿上なんかするんじゃなかった! (ウィングス・コミックス)のその他の作品

高橋冴未の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

童殿上なんかするんじゃなかった! (ウィングス・コミックス)はこんなマンガです

ツイートする