おじさんと野獣 (1) (ウィングス・コミックス)

著者 : 糸井のぞ
  • 新書館 (2016年12月25日発売)
3.60
  • (0)
  • (7)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :56
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403622311

おじさんと野獣 (1) (ウィングス・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かった〜〜

  • ~2巻
    野獣が人間界に受け入れられているのに違和感がある。
    何を目指しているかがイマイチ伝わらない。

  • 周囲からしたら確かに逆玉で生活は安泰、双子の可愛らしい娘がいて、何不自由ない人生に見える、んだろう。
    実際は偉大過ぎる義母と義母の作り上げた屋敷と慣習に取り込まれ息が出来ないくらいの重圧と、家族にはまるで空気のような存在の羊介。
    サラリーマン狩りに遭った羊介が逃げ込んだのは野獣の住む館だった。

    引きこもりの野獣と居場所がない羊介は腹ただしく感じながらも互いを憎からず思っていく。

    時折羊介の回想に現れる女性は誰なのか。今後も気にかかる1冊。

  • やはり某有名映画のオマージュでした。のぞ先生はそんなに好きではないお話だったんだとか。でも父親の身替わりで野獣のお屋敷に娘がやってくるという経緯を知って、しょぼい父親からの、といことなんだそうです。
    このお話のおじさまは確かにしょぼいですね。
    2巻に続きます。
    2巻は 2017年3月発売予定。さて、今度はどんな展開となることやら。
    家族の信頼は、勝取れる?気になりますねぇ。

全4件中 1 - 4件を表示

おじさんと野獣 (1) (ウィングス・コミックス)のその他の作品

糸井のぞの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

おじさんと野獣 (1) (ウィングス・コミックス)はこんなマンガです

ツイートする