童殿上なんかするんじゃなかった! (2) (ウィングス・コミックス)

著者 :
  • 新書館
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403622328

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 波乱の第二巻。
    あ~そうきたか、立花ちゃんが孤立無援の状況に・・・。
    行動は短絡的で失礼に違いないけれど、けして思い上がっているわけではなくて、まだ子供でひたすら無邪気で好きになったら一直線!なだけなのだろうなあ。ただ平安時代の慣例からすれば大姫の提案のほうが常識と言えるし、完全に分が悪い。しかも双方からああいう指摘をされたら、自己嫌悪で死にたくなるよね・・・。
    この流れでは、内親王としての責務を果たそうとなるのは火を見るより明らかで(理子さんのアドバイスもあることだし)、透理くんはそこで初めて自分の本心に気づくのでしょうね。
    でももう取り返しがつかなくなってしまいそう。
    今回は立花ちゃんに同情しすぎて胸が痛くなってしまいました。どうなる三巻!

    新キャラの大中臣龍生さん、ワイルドで素敵でした

全1件中 1 - 1件を表示

童殿上なんかするんじゃなかった! (2) (ウィングス・コミックス)のその他の作品

高橋冴未の作品

童殿上なんかするんじゃなかった! (2) (ウィングス・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする