星のとりで~箱館新戦記~(1) (ウィングス・コミックス)

著者 :
  • 新書館
3.60
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 42
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784403622441

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第1巻は戊辰戦争中新撰組が会津〜仙台〜蝦夷へ向かうところまでのお話(*´∀`*)土方さんの小姓市村鉄之助くん達から目線で語られる。兎に角厳しいながらも優しい土方さん(ノω`*)小姓達が土方さんを慕って取り巻く姿が可愛らしいです。鬼の様に怒っている土方さんがカッコいいと思ってしまった辺り重症でしょうか?w星さんも出てきて(イケメン!w)…今後伊庭さんも出るかな?(*´∀`*)続きが楽しみです!2017.6.29.読了。

  • 箱館の話を読みたいのに、多くの新選組まんがではそこまで到達しない!さあこれからという中途半端なところで打ち切りになることがあまりにも多い…やきもきする。

    しかし「星のとりで」は箱館メイン。一巻では会津から始まりすでに蝦夷に渡っている。もうすぐ箱館の話が読める。安心。

    (黒乃先生の「ピースメーカー鐡」もいい加減箱館に戻って!)

    表紙や扉の印象と違って、土方はあまり出てこないんですけど…主役も鉄くんや銀くんだし。

    あとがきによるとこの作品は三部構成で、第一部が子どもたち(鉄くんほか)、二部は土方の側近(野村、相馬ほか)、三部は土方の視点で描く予定とのこと。

    三部まで読みたいものです。

    コミックスの売上や雑誌のアンケートで三部まで描けるかどうか決まるそうです。

    シビアね。

    ファンタジー、SFの強いウィングス連載で碧也先生もそういうイメージだけど、転生も超能力もパラレルワールドもなく、普通に歴史まんがです。架空の人物もいないようです。

  • 土方さん及び新選組が好きで色々読んだけど
    不思議と函館戦争は読んだことなかったなぁ。
    おおまかに知ってるだけだったんだけど…
    この物語は慶応四年八月の会津から始まり
    土方さんたち新選組が他の徳川脱走軍と共に
    開陽丸などに乗り蝦夷地に渡る…までを
    土方さんのお小姓・市村鉄之助目線で描いたモノ。
    決死の想いで海を渡り蝦夷地・鷲ノ木へ着いた新選組&旧幕府軍、
    この後どうなるか分かっててもやはり新選組の話は読みたい。
    ここら辺の話、
    地元なのに詳しく知らないので新鮮な感じで読めた。

  • チーム箱館の漫画が読める日が来るとは!

全5件中 1 - 5件を表示

星のとりで~箱館新戦記~(1) (ウィングス・コミックス)のその他の作品

碧也ぴんくの作品

ツイートする