極彩の家(3) (ウィングス・コミックス)

著者 :
  • 新書館
4.00
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 60
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784403622540

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 哀しい物語だった。
    物語の中で、紅に一番惹かれる。

  • 梔子、男前だったー。想いを継ごうとしている紅も素敵。イグナルとは恋愛パターンになるのか、どうか?烏羽&ルカより気になるかも。。。

    あと気長に朝顔に水をやる天藍、スキ。めっちゃかわいい。

  • ほぼ紅のターン。梔子超美形だった…うぅ…。紅の婚約者は自分の気持ちに素直になれるといいね。今更ながら、色彩の子は性別がなく、17才になると普通の人になって外に出されてしまうという設定におののく。

  • 梔子が!梔子が!素晴らしく素敵だった!ううう、返す返すも惜しい人を亡くしたものだ(( ノД`)シクシク…紅は幸せにならなきゃダメだ!

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

上質感漂う世界観と画風が人気の、注目作家。
代表作は「真空融接」「獏~BAKU~」「あめのちはれ」など。
現在は「ITAN」(講談社)で「王国の子」を、「ウィングス」(新書館)で「極彩の家」を連載中。
「ARIA」では2015年より「ヤギくんとメイさん」を好評連載中。

「2018年 『ヤギくんとメイさん(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

極彩の家(3) (ウィングス・コミックス)のその他の作品

びっけの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする