黒男 (ディアプラス・コミックス)

著者 :
  • 新書館
3.57
  • (26)
  • (16)
  • (74)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 201
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403660467

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ディアプラスだけど、あまりBLっぽくないw犬の短編が好き。全部好きだけど

  • あとりさんの貴重なBL。のほほんBLだけど、しかしそれがいい。全部きゅんきゅんする。

  • あとりさんの訃報を知ったあと、友達が言った『この黒男ってさ…』の一言が忘れられない。
    いまだに信じられず、涙があふれてきます。
    もっとたくさんの作品をいろんな人の目に触れるようにしてほしかった。
    もっとずっと描き続けてほしかった。
    そればかりがぐるぐるとまわってしまいます。
    ただあとりさんの作品がリアルタイムに刊行されている時代に生きていて本当によかった。
    いろんな人に読んでほしいです

  • どの短編も好きだけど、「海の時計」、「ぶどうの瞳」が特に好き

  • 先生、BL雑誌掲載なのに裸率がほぼ0%です!!
    BL雑誌に掲載されたのは何かの間違いだったんじゃないかと思うくらいにすっきり爽やか。寧ろもっと此処から描いて欲しいのにあとり先生!!ともどかしいくらい。いや、しかしこれがあとり漫画。どうしてもその後が気になってしまうのがあとりさんの持ち味。
    ……うーん、それにしてもいっそ潔いほどに裸は「海の時計」以外にないな!!

  • 全体的に友達を題材にした短編集。
    表題の黒男を読み返してたら泣きそうになってしまった。

    病弱な友人が黒男なる死神に取り付かれてると知った少年が、
    だったら俺を連れてけと相談を持ちかける。
    それを聞いた友人が「バカなこと言うな!」って怒るんだけど、
    少年の思いが嬉しくて泣いてしまう。
    実際黒男は少年の守護霊で、友人が死んだら困ると思った少年のために、
    自分の魂を持って行ってもらった。

  • このカテゴリーで良いのか非常に悩む…。
    ほのぼのとしたあとりさんワールドです。

  • 取り敢えず同じ作者のをあさってみたの図。
    この人短編しか描かないのかな…折角展開が好みなのに勿体ない。
    ぐおお、私の黒髪萌えツボを悉く……ッ!
    BLという枠で括ってはつまらない、違う世界を見てる人だと思った。

  • この人の作品で「生きる」ということの意味とか価値観を、長い期間をかけて教えてもらえた気がします。

  • しみじみ惜しい人を失ったよなー、と思う。人間っていいよね、と思わせてくれる漫画。

全12件中 1 - 10件を表示

あとり硅子の作品

ツイートする