是-ZE- (5) (ディアプラス・コミックス)

著者 :
  • 新書館
3.99
  • (115)
  • (99)
  • (117)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 770
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784403661723

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 素晴らしい!本当にその一言に尽きる。

  •  新たに登場、分家の隆成×守夜。

     紙様の取説という設定にクスクス(笑)

     言霊は、使い方次第で取り返しのつかない事態に。その事を身をモ​って知っている隆成と、言霊様という特殊能力を有する『人』によって酷い扱いを強いら​れてきた守夜。
     互いが胸に秘めた思いを早くなんとか通じ合わせて欲しい。そして、揺るぎ無い信頼関係の構築を!

     あの子は、どうなるのかな?

     心配なので、急いで次巻へ。

  • 攻める紙様ってやべぇなおい。って思ったのです。

  • つぎは、守夜と隆成メインのお話。

  • 言霊様を亡くしたが白紙になることを拒んだ守夜×言霊を使うことを拒んだ隆成。この二人交わるんだろうかって位真逆な感じ。書き下ろしの玄間と氷見良かった。°+.(・∀・)°+.°ヤキモチwww

  • 守夜×隆成 
    言霊による深い傷を持ってる隆成と、言霊師によって深く傷ついている守夜。
    不器用すぎる二人が痛い。

  • メインカップル交代。
    懐かしい【○の蜃気楼】を思い出したのは私だけじゃないようで(笑)

    隆成の過去とか、設定は目新しくないのに、モノローグで色濃くオリジナリティを出せるのは志水さんの凄さだと思う。
    (ストーリーはもの凄いオリジナルだけど)
    たくさん登場人物出すのが好きみたいだけど、どのキャラも裏打ちがシッカリしてて個性的だ。
    果たしてこのカップル、どうに収まるのか…見物♪

    描きおろしで玄間×氷見が読めて嬉しい(*´Д`)

  • この野蛮で卑猥で下品な男に、私は跪き懇願する。——生きるために。主人の死で、神としての死『白紙』になるはずだった紙様·守夜。しかし彼はそれを拒み、新たな主人になってもらうべく、一族を離れて生きる隆成を訪ねる。だが、隆成は、言霊を使うことも、守夜の存在も拒み……。完璧な紙と歪な人間の絆を描く、守夜と隆成篇、開幕!!

  •  主人公が家政夫として部屋を借りた家は、言霊をあやつり「紙様」という人間そっくりの存在を使い傷をいやす一族が住んでいた。

     こーかくとかなりSFっぽいけど、むしろ「自我」とか「存在理由」とかを問う話、かもww
     つか、中村春菊の「ハイブリットチャイルド」思い出しちゃったよ。

     でもって、これも話の展開とともに軸となるカップルが変わります。でもってエロいですわ。なんせ傷を治すのは、粘膜の接触なんだもの。しかも、言霊使いと紙様は同性なんすよ。エロいww

     主人公は、両親をなくして祖母に育てられてたんだけど、その祖母も亡くなってるんだよね。でもって、時々回想がはいって…。これがきます。ばあちゃんものには弱いのよ。

     と、この「紙様」を作ってる男がなぞなのだ。
     はい、例によってひかれるのがこーいう部位にいるキャラだ。綾辻行人の館シリーズの建築家みたいな感じがいいの。

     ってことで、これからの展開に期待っす。

  • 炎の蜃気楼が好きな人は、大好きになると思う^^

全34件中 1 - 10件を表示

志水ゆきの作品

是-ZE- (5) (ディアプラス・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする