天使のうた (2) (ディアプラス・コミックス)

著者 :
  • 新書館
3.96
  • (20)
  • (17)
  • (18)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 159
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403662058

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一巻から続けて読みました。
    内容的には一巻の方が好き。
    二巻目はかなりシリアスになっていました。


    アレックス、強いね。



    「天使の描いた絵」こちらはクリス絡みの短編。
    聴力を失った画家とその友人の美術教師との話です。
    クリスは根っからのイヤな奴でした。。。サイテー!!
    でも本当は寂しがりやさんなのよね(^^;;

  • 腐女子ほぼ引退状態のわたしにとって今や作家買いできる数少ない漫画家の西田東。ウマヘタ?系の絵とシュールなギャグは好みが別れるでしょうが、男に夢を見ないリアルさが、究極のファンタジーたるBLとさりげなく融合してるのが面白い。サラリーマンもの、たしかにワンパターンに感じるときもあるけど、安定クオリティで安心して読める。

  • 音楽家のクリス×妻子を亡くした医師ミシェルのお話の2巻目です。
    タイトル作品のほか、「天使の描いた絵」という番外編も収録されています。
    1巻目の展開もすごいな、と思いましたが、
    こちらのほうではもっとすごい展開になっていました。
    トラウマと、それとの葛藤、身近な人への依存・・・
    印象に残る作品だと思います。

  • BLを読みたい時にはオススメ出来ない作品かもしれない。 ファンタジーではない、きっと実在する誰かの話のような生々しさに息が詰まる。
    それでも西田さんが希望や光をみせてくれるので救われるけど、個人的に一読でお腹いっぱいな作品。

  • ドラマ性が高すぎでエロは極少ない。

  • 小児科医×指揮者/外国 完結

  • クリスがアレックスを愛せないわけ、彼の狂気の理由はこんなにも
    深いことだったんだと胸を打たれました。
    クリスのお願いに劣情を曝け出すミシェル。グッと来ました。

    このままドラマになってもおかしくないような、漫画なのに小説を
    読んだ後のような後読感でした。

  • なんだかよくわからん。

  • 1巻の評価が高かっただけに、ちょ〜っとトーンダウンしちゃいましたね…。残念。
    でも、やっぱり最後に光を見せてくれる西田東さん、好きです。

全10件中 1 - 10件を表示

天使のうた (2) (ディアプラス・コミックス)のその他の作品

西田東の作品

ツイートする