カクゴをきめて (ディアプラス・コミックス)

著者 :
制作 : 渡海 奈穂 
  • 新書館
3.47
  • (25)
  • (56)
  • (77)
  • (16)
  • (3)
本棚登録 : 549
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・マンガ (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403662706

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三池さん、初読み。といっても原作付きなので実際の作風とは違うようです。でもこれ、楽しかったな。極道の家の一人息子が、引っかけた男子高校生をだまして素人AVを作って売るような男について行ったのがきっかけで…という話。極道はオマケでなんちゃって風。どちらかというと一癖ある高校生の恋愛ドタバタ話の要素が強い。けれど、主人公は強くて可愛いし、ダメ男もそれなりにいいやつだしで読後感の良い作品。
    次の話は主人公に失恋したお付きの高校生の話。こちらはなんと年下攻。陰険眼鏡の教師に目をつけられ辟易してた攻が攻勢に転じたところ、意外にも相手は…。こっちは意外性たっぷりで萌え。年上なのに不器用、でも経験はあるからHは積極的な教師がお相手。普段は冷静沈着で成績優秀で極道な攻が、そんな相手だからこそ振り回されてしまう年相応さがたまらなく可愛い。
    共通しているのは強気な男の子が恋をする話。それぞれ受・攻と違いはあるけど、どちらも可愛くて萌えます!

  • 3編収録されています。
    カプは2組
    裏ビデオ制作の大学生×ヤクザの跡取り、
    跡取りのお目付け役×数学の教科担任です。
    跡取り息子の鉄のキャラが好きです(^^)

  • ・表紙買い

    絵が物凄く素敵でした。主人公(受)がギャップ萌えとても癒されましたが、とんとん拍子に話が進んでいくので、ストーリーに入り込めなかった気がします。また任侠要素が少なく、ガッツリした任侠恋愛が好きなお姉様方にはあまりお勧め出来ません。

    ストーリー性は正直、「カクゴを決めて」よりも「カクゴをさせて」の方が高かったです。

    あくまで参考までに!

  • これは面白かった!
    鉄…鉄wwwwある意味あれはギャップ萌えだなwwww

  • 鉄ちゃんが暴れているシーンが好きです。

  • いちお任侠モノだけどすらすら読める

  • 表情がかわいい

  • 「カクゴをきめて」の方はいまいちしっくりきませんでした。「カクゴをさせて」の方が個人的には面白かったです。佐原先生可愛い。

  • かわいい外見なのに、じつは893の息子でSな受って設定がイイ。

    そんなかわいい外見の鉄ちゃんに詐欺を働こうとしたマヌケなイケメンが瀬能です。ワルイ男なんだけど、ダメダメでヘタレで何だか憎めないキャラ。カッコいい彼氏をつかまえて健全で可愛い恋に生きることを目指している鉄は、その微妙なイケメン男瀬能とだんだん仲良くなるけど二人とも詐欺師&893の子とワケアリ同士なので、会話もデートも変な空気間があってとっても愉快。
    肩の力抜いて読める1冊です。

    当て馬だと思ってたアホな方とくっついて少し意外でした。だって、幼なじみの友紀が瀬能よりしっかりしててステキだったんで。

    でも、「カクゴをさせて」で友紀は教師の佐原とイイ感じになって一安心です。こっちの話もよかった。まじめなクールビューティかと思ってた佐原がかわいかったので、そのギャップ感も楽しめます。先生かなり年上ってことですよね?そのあたりも、妄想できてよい。

    友紀のお父さんがハンパなく目立っていました。息子の仇をとったりして面白い父親です。てか、始めのうちはかなわぬ恋に苦しむ友紀への同情がいっぱいだったのに、最後はなぜか瀬能のことが不憫で不憫でたまらなくなってきた…

  • 原作読んだことなかったのと、三池ろむこの漫画にあまり良い思い出がなかったのとでちょっとどうかなーとも思ったのですが、原著が渡海奈穂ということでまあ大丈夫だろうとふんで購入。あたりのあたり。とても面白かった。ろむこ先生、絵とコマの感じとかはすごくすきだったのであとは話がどうにか面白い感じだったらなあ…と思っていたので丁度いいバランスの本に仕上がっていて嬉しい。

全38件中 1 - 10件を表示

カクゴをきめて (ディアプラス・コミックス)のその他の作品

三池ろむこの作品

カクゴをきめて (ディアプラス・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする