レオパード白書 (3) (ディアプラス・コミックス)

著者 : 扇ゆずは
  • 新書館 (2011年4月30日発売)
3.93
  • (22)
  • (42)
  • (26)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :286
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403663079

レオパード白書 (3) (ディアプラス・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ツンデレな受け(教師)と家族の愛情を受けてこなかったせいで愛情が分からない攻め(生徒・バイトでホストをしている)の、やっと恋人…に近づいてきたかな?という巻。この人の作品は、絵柄のハデさにごまかされますが、しっかりとキャラクターの心のキビを描いてくれるのです。おかげで、痛い展開になることが多いのですが(ーー;)、この人の作品は基本ハッピーエンドですので、今は辛くても、将来幸せが待ってるよ?。

  • オラオラ系のホストで、客を手玉にとってきた『レオパード』のホスト燐花(りんか)。実は高校生だった燐花は、補習担当の猫っかぶり教師・薬師寺(やくしじ)の本当の姿を知って想いを募らせる。しかし、薬師寺は燐花をあとくされのないセフレと思っていた。燐花の純情が、薬師寺の心をうつ日はくるのか……!? 燐花篇クライマックス!!

  • 『レオパード白書(1)』
    『レオパード白書(2)』
    ⇒『レオパード白書(3)』
    『滴(しず)る牡丹に愛-レオパード白書(4)』
    『続・滴(しず)る牡丹に愛-レオパード白書(5)』
    『いやらしの彼-レオパード白書(6)』
    『続・いやらしの彼-レオパード白書(7)』

  • 燐花×薬師寺編の続き。やることはガンガンやってんのに恋愛に慣れていなくて心は通じあわない不器用な二人がもどかしくもかわいい。先生が少女漫画や恋愛小説が好きで実はロマンチストってギャップはいいよなあ。甘々になってからの話が読みたいわー♪

  • 燐花×薬師寺編の続き。
    Page11~15
    描き下ろし「レオパードの告白」

  • 物語が始まる時の印象とは思ってないベタな方向へ…と言う印象が強くて、冷静に読めないカプ。殴り愛がこうなるのなら「普通」だなー、と言うのが正直な感想。

  • 2巻目の続き!格闘するカップルww

  • 前巻の燐花編の続編。
    今回できちんとお互いの想いが通じてホッと一安心。
    オラオラ燐花が恋愛でこんな腑抜けになろうとはww
    CDも聴いてみたい!

  • 表紙!!!表紙のりんかの表情からして切ない!!!
    もーーーーーこの巻切ないよーーーーーー。今までホストやってきたからこそ自分の言葉信じてもらえんとか…!とか。
    「好き」って自覚してからのりんかの必死さとか、なんかお互い傷つけ合いなとことか…告白するのにわかってもらえんとか…切ない。。
    でも気持ちが通じたときはこっちまで嬉しくて涙。りんか泣いてたけど、一緒に泣くわーーーーーってなりました。ええ。通じ合ってよかったね(´;ω;`)

  • 見た目だけでは分からない思いってありますよね( エロアリ★★★☆)

全14件中 1 - 10件を表示

レオパード白書 (3) (ディアプラス・コミックス)のその他の作品

扇ゆずはの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

レオパード白書 (3) (ディアプラス・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする