恋のつま先 (ディアプラス・コミックス)

著者 : 青山十三
  • 新書館 (2011年11月30日発売)
3.68
  • (9)
  • (31)
  • (25)
  • (3)
  • (0)
  • 170人登録
  • 20レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403663307

恋のつま先 (ディアプラス・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 靴屋が舞台。
    可愛い。
    ほっこりできる作品。
    そういうシーンもさらっと。


    移動してきた新宿×主任の品川。
    初エッチシーンは急な流れでついていけず、えっー!って思わず笑ってしまった(笑)
    勢いでがーってかんじ。
    このシーンではヤらないで欲しかった。


    昔新宿は売れないホストをしていた。
    そんなとき品川に靴を選んでもらい、惚れる。

    昔品川は当時の店長と深い仲だった。
    元店長が海外赴任になり、別れた苦い過去。

    ***
    貿易会社重役の鷹場×靴屋の四谷。
    四谷は美しいものが好き。
    鷹場の所作などの美しさに一目惚れ。

    鷹場はそんな四谷の視線に気付き、声をかける。
    からかい半分?
    それでも鷹場も一目惚れっぽい雰囲気。

  • 高級洋靴店を舞台に新人店員・新宿×主任・品川、お客・鷹場×店員・四谷の2CPのお話。どちらかと言えば鷹場四谷CPの方が好き。天真爛漫で元気で素直な四谷くんは読んでいて楽しいし、最初はからかい半分な所もあったけどいつの間にやらメロメロになってる鷹場さんも良かった。鷹場さんの猛禽モードの顔がかっこ良かったですw

  • ★3.4
    表題の2人よりもう一組のカプの方が好みでした。1話目の展開が急すぎてなんかよくわからなかった…。

  • 跪いて靴を履かせるってエロいですよね?

  • 恋する靴屋シリーズ3部作の第1弾。

  • 職場で自由過ぎ。

  • 男が男に跪く職業はホストと靴屋さん!

    新作、『恋の誘惑』で存在を知ってから地味にずっと気になっていた本でした。
    紳士靴フェチな身(女ですが)としてはワクワクしてしまう題材のお話で、
    最後まで非常に楽しく読む事が出来ました!そしてかなり萌えました!

    内容は新宿×品川と鷹場×四谷の2CPのお話で、どれも短過ぎず長過ぎず
    丁度良い長さで中だるみもなくページを捲るのが楽しかったです。
    それに惚れた理由だとかきっかけの描写も説得力があり、
    この手にありがちな展開の早さなどは全く気になりませんでした。
    強いて気になると言えば登場人物の名字が駅名な事ですかね。
    これも良い意味で気になりました(笑)

    新宿×品川コンビも良いですが個人的に大プッシュしたいのは
    私がこのシリーズを知るきっかけにもなった鷹場×四谷のお話で、
    読みながら何度も鷹場のスマートさに惚れ惚れしました。
    正直、紳士靴を一番履きこなしてるのはこの人だと思う。
    それにこのCPは何だか凄く幸せそうで……。
    特に両思いになってからのラブラブ仲良しっぷりは見ているこっちが
    恥ずかしくなるくらい幸せそうで、読みながら萌えた反面
    畜生!と花束でも投げつけてやりたい気分になりました(笑)

    今回は新宿×品川カップルが表題作となっておりますが
    シリーズ3作目の『恋の誘惑』の表題作は
    鷹場×四谷カップルらしいので今から読むのが楽しみです!

  • 靴屋の店員さん達の恋模様。高級靴店だけあって上品で紳士的な男性が見られます。かと思いきや結構無邪気と言うかはっちゃけた店員も多く…(笑)
    絵柄も品があって好き。
    表紙の二人がメインカプだけどもう一組の方が好み。後から知ったけどそちらが人気あるみたいですね。

  • どうしましょう。こっちが思い切り照れ臭くなるくらい、甘いです。
    靴屋さんのシリーズたまらんですね!

    「恋の誘惑」が初読みだった青山さんですが、内容的にはそこまで特別ヒットする感じではなかったのに、何故か雰囲気を気に入ってしまいました。
    会話のテンポや場の空気が心地良いです。
    なので、今更ではありますが遡って色々読んでいます。
    どれも可愛いですねー。

    「恋の誘惑」でちょこっと出ていて気になっていた眼鏡さん。この方、もっと出てこないのかしら?と思っていたら、この本はこっちがメインだったのですね(笑)
    あ、表紙も彼だった。
    そつなく仕事をこなす姿が、たまらんです!
    仕事が出来るけれど、恋愛は不器用な眼鏡さん。本当、品川さんが理想の受け眼鏡過ぎるのですけれど!
    新宿くんのわんこっぷりもたまらないです。
    ああ、読んでいて本当幸せ!

    鷹場さんは勝手にノンケだと思っていましたが、最初からゲイって設定だったのですね。
    好きになったのがたまたま男だった系だと勝手に思い込んでいたので、出会い編はゲイ過ぎて(笑)びっくりしました。
    自信のあるゲイってこんなおせおせなんでしょうか。それとも、自分に見とれていた四ツ谷くんもゲイだと思ったから開き直って?
    全体的にゲイである葛藤はほぼないし、気付いたら靴屋店内にゲイカップルが溢れそうな状態ですが、細けえ事はいいんだよ。
    本来、そういう作品って私は好みではない筈なんですが、何だかもう読ませたもの勝ちな気がします!

    いやあ、あまりに可愛かったので、今後また続きを描いて下さらないかとちょこっと期待してしまっていたり。
    雑誌は全然読まないので、そういう動きがあったりしたら嬉しいなあ。

  • 高級洋靴店 新人店員×主任

全20件中 1 - 10件を表示

恋のつま先 (ディアプラス・コミックス)のその他の作品

青山十三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする