ギブズ (ディアプラス・コミックス)

著者 :
  • 新書館
3.66
  • (33)
  • (64)
  • (70)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 546
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403663482

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヤクザものなんだけど、そこは山中ヒコさん!!って感じでした。切なかった。本編ENDだと想像力で補うしかなくて悶えただろうなぁ…。最後のレーダー付の船って言われた時の原田が可愛かった(*´д`*)タイトルGipsだと思い込んでて途中でgivesだと気づいたwwwしかもgiveじゃなくてgives。なるほどって感じでした。

  • 任侠記憶喪失モノ。終わり方が微妙。描き下ろしのその後がなかったら、さっぱり意味不明なんじゃないのか。にしても、田中、何で漁師になってるんだ…。

  • 素敵なんだけど…ラブが物足りな〜い

  • 組の構成員×記憶喪失の元組員

  • ヤクザ相手に長く逃げ切れる訳もないので、1冊にまとめるのが無難なのかなー。個人的には島での生活でもう1冊くらい読みたかった。

    この世界だからこそ、うまくいかない事があって…このラストが1番お互いがお互いをおもって生きていけるのかもしれない。
    沢山詰め込んだわりには読みやすく、考えさせられる無駄のないつくりだとおもう。

    それでも原田が一途でかっこ良くて。真っ赤になって笑えるくらい幸せになってほしい…!つい眼鏡贔屓になってしまう 笑

  • 急展開!?・・好きな話だったので2冊くらいで読みたかった。

  • 絵が凄く幼い……んだけど話はなかなかいい感じのヤクザものですね! ただやっぱり絵柄とのギャップが激しく感じてしまう……。それと、ラストがふわっとした終わり方になってしまっているのが惜しいなと思いました。いきなり時間軸が飛んだ感じがして、置いてけぼり感があったかも。

    • みなみさん
      絵柄の好みは様々あれど、ともあれ感情の機微に関する表現力があると思う作家さんです。ラストの着地感がザンネンな事になるのは、連載モノでは大人の...
      絵柄の好みは様々あれど、ともあれ感情の機微に関する表現力があると思う作家さんです。ラストの着地感がザンネンな事になるのは、連載モノでは大人の事情もあったりするしね^^; 
      2014/01/22
    • Sさん
      あっこれ連載なのか! なるほど~だとしたら惜しい……。そうだよね、中盤までは違和感なく楽しく読めてただけにちょっぴり残念だったのです!
      あっこれ連載なのか! なるほど~だとしたら惜しい……。そうだよね、中盤までは違和感なく楽しく読めてただけにちょっぴり残念だったのです!
      2014/01/22
  • 山中ヒコさんの作品で一番好きなのがこの作品。記憶喪失、ヤクザ、年の差・・・とかいろいろ詰められてますが食傷せずスラスラっと読めます。展開は途中少し早いように見えますが、気にはなりません。始は記憶喪失なのに気強すぎwでも男前だからね、本当。原田も悪い奴じゃあないんだけど・・・頭良いはずなのに始に対しては不器用だし・・・そこがギャップでたまらないんですけどwしかし原田は始が記憶喪失じゃなかったらどうしてたんだろ。変わらず囲おうとしてたのかなあ・・・兎に角好きなお話でした。やっぱ」続きが読みたくなるよね!妄想で補いましょう。

  • 後味の悪さは評価が分かれそう。淡々と進んで投げっぱなしで終わった気がして、登場人物(特に主人公)の心情変化が汲みとりづらかったです。絵は、ヤクザなのに迫力不足なのが気になりました。

  • 雰囲気は良かった。雰囲気は。  
    でもストーリーがちょっと・・・なんというか
    私の頭の中では拾いきれなかったな・・・と。
    でもトマトのシーンはちょっと胸にきた。

全37件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

10月1日生まれ。切ない片思い、ヒリヒリする痛みなど、丁寧な心理描写で、少女誌、女性誌、ボーイズラブ誌と幅広く活躍中の人気漫画家。
代表作に、『王子様と灰色の日々』『500年の営み』『王子と小鳥』『丸角屋の嫁とり』他多数。

「2017年 『死にたがりと雲雀(5)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ギブズ (ディアプラス・コミックス)のその他の作品

山中ヒコの作品

ギブズ (ディアプラス・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする