青年発火点 (ディアプラス・コミックス)

著者 :
  • 新書館
3.87
  • (35)
  • (71)
  • (38)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 503
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403664281

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 高校生同士のラブストーリー。かわいらしい感じで好き。

  • 高校生同士、後輩・山隈✕先輩・学。この2人かわいいです… 雰囲気がとてもいい。学が山隈の事を想い身を引くお話はホロッとさせられました。お互いが不器用で若くて苦いなぁと心がキュッと痛くなりました。カバー下の7年後の2人、続きが読みたいな… 次は、学の伯父さんたちみたいですね、こちらもひと筋縄ではいかない感じで凄く楽しみです。

  • 装丁:楠目智宏(arcoinc)

    めっちゃおもしろかった。
    オジの紹介で、つくりの官能ネタの読者投稿バイトを
    している小説家志望の子と、後輩のイケメン高校生。
    そういう仲になるのに、すれちがって大学生になって
    再会するのが後半戦。

  • 高校生もの。
    ギドマジックにやられる~

  • 何でもない感じのメガネ君が色っぽくてドキドキした。萌えました。可愛い!

  • 攻め:山隈武文(高校1年)
    受け:目白学(高校3年)

    妄想癖のある目白はカツアゲされそうになっていても、ボーっと「今自分が美女だったらイケメンが助けに来てくれるんだよな」と別のことを考えていた。するとそこに、ホントに声を掛けてきた子が居て。彼は1年生だった。
    自分と違って内向的でないかれと少しずつ打ち解けるようになり、自分が頼まれて書いてる出版社に勤める叔父の同僚に連れて行かれた店で、そこに勤める女性の弟だと知り、、。


    絵柄はそこまで好みじゃないので自分から買ったりはしないのだけど、今回はCDを聴きたいので読みました。

    でも、お話づくりは良いと思う。高校生のピュアな感じとか出ていて良かった。こういうボーっとしたキャラ好き。芯から悪い人が出てこないのもいい。

    叔父さん達も出来てるらしいと知って、その話も読みたくなりました。

  • 超良かった。
    真っ直ぐ育ったイケメンと少しズレてる色白地味メン。

  • 超草食系の見た目に反して、高校生ながらエロ雑誌でライターのバイトをしている学。 ある日同級生に絡まれていたところを下級生の山隈に助けられる。 モテるのに恋愛ごとに疎い山隈は、姉が夜の店で働いているのが気に入らないらしい。学のエロ文章にも過剰反応 する山隈に、免疫をつけさせようとするうちに……?
    ふれる手の熱さは、青春のあやまち。にがくてあまい初恋ダイアリー。

  • 男子高校生(後輩1年×先輩3年)

    ギドさんの漫画の空気が好きです。
    なんだかマッタリしてるというかw
    静かな雰囲気なんだけど、ちゃんと笑える所や
    萌える所もあってすごく好きです。
    あと、三白眼受大好きー。

  • ギドさんの作品は遅過ぎず早すぎず、ちょうどいいペースで進んで行くので読みやすいです。

    思春期によくある、性に対する興味と嫌悪感。その中で芽生えた初恋。なんでも初めてって恐いし、突っ走って後悔するもんですよね。
    絵の雰囲気にあった題材で、何回よんでも切ない気持ちになります。

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2007年に「Wings」(新書館)でデビュー。
代表作に『ファンタズム』『まぼろしにふれてよ』(新書館)、『恋煩いフリークス』(エンターブレイン)など。
2013年2月より、「good!アフタヌーン」で『甘々と稲妻』を連載開始。

「2018年 『甘々と稲妻(11)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青年発火点 (ディアプラス・コミックス)のその他の作品

雨隠ギドの作品

青年発火点 (ディアプラス・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする