テンカウント (2) (ディアプラス・コミックス)

著者 :
  • 新書館
4.26
  • (167)
  • (141)
  • (54)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 1530
レビュー : 59
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784403664403

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表紙だけでご飯3杯はいけます!キケンです。腹筋といい謎のしたたりといい…

    潔癖症でBLエロとは果てしなく縁遠い城谷が、まさかのエロ展開を見せてくれて腰砕けになりました。でもとってもピュアなので、あちこちで天然っぷりを発揮していてキュンとさせられてしまいます。
    そんな城谷に、とうとう我慢の限界な模様の黒瀬ですw
    シロとクロ。
    黒瀬がクールなふりで、かなりのドS敬語攻なのにドキドキしてしまいました。むっつりナントカなんですね…?

    どんな汚れも受け入れられなかった無垢なカラダが、黒瀬によって少しづつ開発されて目覚めていくのに萌えました。愛情があれば汚いという感情が起きないのは頷けます。黒瀬に対する感情がどんなものなのか城谷が気づいた時、壁は乗り越えられるのかもしれません。
    黒瀬に触られることを想像している時点で、城谷はすでに変わってきていますよね~
    しかも、そんな城谷はとても色っぽいです。清潔な色気以上の何かがダダ漏れています!
    触られて泣き顔になっている城谷の表情を見たら、辛抱たまらなくなってSっ気まるだしになってしまうのは当然な気が…!

    エロいことは何とかできても、キスや髪なでがだめなところがアンバランスで、また萌えます。
    黒瀬からの一方的なHに城谷は翻弄されているかのようだけど、はっきり彼のことを意識しはじめているのがわかる心の揺れですね…

    描き下ろしショートが2本あって、どっちもクロ黒瀬をすごく楽しめる大サービス。「せってい?」って言ってる城谷が天然でかわいすぎです。
    雑誌でこの先読んでもっとえろくなってるのを確認。
    続巻が待ち遠しいです。

  • えっろ!別にすごいプレイな訳ではないはずなのに、何故かやたらえろい。綺麗なものが汚されるエロス…どきどきどきどき

    しかし宝井さん絵がすげー変わってる

  •  シリーズ2。
     再読。

     黒瀬(カウンセラー)×城谷(社長秘書)。※ほぼ左右確定
     
     『Sの人はMの人が耐えられるか耐えられないかギリギリのところを見極めつつ段階的に調教』していくという事らしいと、作者様。
     なるほど。
     そういった視点で、読み進めると展開の早さにも合点がいくのかな?

     黒瀬の強引さの動機が掴みきれないまま、次巻へ。

  • 面白かった

  • 表紙がとっても煽情的ですねwwww大好きです
    ⑩は髪の毛を触る?頭を触る?なんだろうな
    一気に話が進み始めましたがS攻め天然受けだったんだな、これ
    おまけが地味に好き

  • 2巻で急に黒瀬くんのスイッチが入り城谷さんを汚しまくる。1巻のほんわかはどこ?!荒療治が過ぎます。

  • 1巻から一転、エロさが加速してドキドキしました。関係ないけど、潔癖なのにタクシーは大丈夫なのか?と素朴な疑問…

  • お持ち帰り回(^q^)じゅるん
    指とか色々とやられてますなぁ〜!
    最初はあんなにダメだったのにだんだんよくなってる!黒瀬くん限定な気もするけどw

  • 2人の関係が急速に動き出した巻でしたね~。黒瀬のグイグイいく感じは嫌いじゃありませんw 城谷さんもドキドキするような色気がいいですよ♪ ただ、背景など謎の部分は謎のままなのでその辺が分かるようになるのはいつなのかなぁ… という感じ。早く続きが読みたい。描き下ろしの2人の会話が楽しかったです。

  • ---

    03/11/2015 読了

    ---

    とうとう関係性に進展が!
    前巻で、自分の心に気づいた黒瀬くんに距離をおかれて、
    それは自分のせいだと思って自らも進んで治そうとする姿勢が可愛らしいですね!!!!
    そして、久々の再会でその理由をぶっちゃけちゃう黒瀬くん。男らしいといいますか、なんといいますか。

    気持ち悪いとか思いながらも欲望に飲まれちゃう城谷さんがかわいい。
    襲っちゃう黒瀬くんもだけれど、これもこれであり!!

    END
    ---

全59件中 1 - 10件を表示

テンカウント (2) (ディアプラス・コミックス)のその他の作品

宝井理人の作品

テンカウント (2) (ディアプラス・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする