テンカウント (3) (ディアプラス・コミックス)

著者 :
  • 新書館
4.21
  • (123)
  • (118)
  • (38)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 1189
レビュー : 41
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784403664618

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 黒瀬の侵略が止まらない3巻。ここでおあずけとは、キス寸止めといい焦らすのがお上手ですね!読者も調教ですか?w

  • まだまだ引き延ばしてきますね。

    さすが宝井理人さん、焦らすのがお得意です。

    今回は「ええっ!?一歩手前で終わるの!?」って感じでした。策士です…。

    相変わらず繊細な画風でした。
    宝井さんのあとがきから言葉をかりると、黒瀬に育て上げられる城谷を描いている3巻目なので少しストーリーの起伏はなかったです。物足りなさは少しありました。

    ですがここまでの布石がどう出るか楽しみです。
    4巻目を楽しみにしています。

  • フェラ後に正座で抱える姿に萌え。
    黒瀬くんが着実に挿れようとしています。

  • やっとトラウマの原因ぽいことにも触れ始めた。黒瀬君のS魂に火がつくのもわかります。だってふるふるして、かわいいもの~

  • ▼あらすじ

    「もし、俺も黒瀬くんのことが好きだって言ったら、どうなるんですか…… ?」

    無愛想なカウンセラーと潔癖症の社長秘書の恋、注目の第3巻!

    ***

    巻を増す毎に面白くなっていってるといった印象でした。
    城谷の潔癖性は…黒瀬の前だと大分良くなってるように感じます(笑)
    2巻もそこそこエロかったですが、3巻はエロさに拍車が掛かっており、
    黒瀬が城谷のアレをお口でするシーンとディープキスを仕掛けるシーンは
    あまりのエロさに背筋がゾクゾクしてしまいました(笑)

    お口でするシーンは下から見上げる黒瀬君の瞳が獣みたいで、
    ただ見つめてるだけなのによくもまぁこんなにも官能的な
    雰囲気を出せるな〜と宝井先生の表現の上手さに改めて感服しました。
    後は城谷のtnkが凄く美味しそうに描かれていて、思わずうっとり…(笑)

    ただ、3巻の一番の見所と言ったらやはり、熱出した城谷に
    黒瀬がディープキスを迫るシーンだと思うんですよね!
    残念ながら未遂で終わりましたが、あのシーンが凄くエロくて
    読みながら凄くドキドキしてしまいました…!
    言葉で抵抗を示しながらも口を閉じられない城谷の
    とろっとろ具合(※表情)が半端なくて、絵から伝わって来る
    フェロモンに此方までやられそうでした…(笑)
    黒瀬もあれでよく我慢出来たなぁ…と思いましたね。
    無理矢理しないのは偉かった。

    そして最後!!とうとう玩具(アナルプラグ)を使う展開に
    キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! ってなりました!!(笑)
    これが挿れられるようになれば、黒瀬のブツを受け入れられる日も
    そう遠くはないのではないかと期待せずにはいられません…!
    いや、その前に城谷がお口で出来るようになる方が先か…!?(笑)

    エロの事しか書いてませんが、勿論エロだけでなく、
    城谷が潔癖性になった原因らしきエピソードがちょっとだけ
    明らかになったりして、どちらにせよ4巻への期待が高まる内容でした。
    黒瀬もなかなか謎が多そうだし、二人の関係がこれから
    どうなっていくのか、続きを読むのが凄く楽しみです!

    …あ、城谷のTシャツの隙間から乳首が見えたシーンも良かったな(笑)

  • 風邪ひいた顔たまらん!(笑)
    よくあの場面で我慢できたなーっていうw
    ジワジワと黒瀬くんを好きになってきてますなー

  • 何だかエロい雰囲気満載の3巻ですが、そうか調教なのか〜、調教… と変に納得してしまった。黒瀬くん段階を踏むのがお上手で、ついに道具まで… ますます今後の2人に期待が! 自分の予想とは違う展開になってるけど… 城谷さんの潔癖症になった原因らしき場面もチラっと見えたけど、黒瀬くん側はまだよくわからいので次で少しでも明かされる事を希望します… 描き下ろしは相変わらず楽しい。

  • ---

    04/11/2015 読了

    ---

    恋人にではまだないけれど、
    身体を重ねる関係。ということでしょうか!
    絵が綺麗な分、本当に官能的です。
    1巻にエロい要素がなかった分、こんなエロくなってしまてなんだかな。でも、もっとやれ!!!!
    潔癖性って大変だなあとやっぱり思いますが、
    それを理解して、それでも押し通す黒瀬くん。ほほほ。

    次巻にも期待です。

    END
    ---

  • まだまだ続きが気になるヨ!でもちょっとずつ、いろんなことが絆されていってるのだ。触れたくて触れられないみたいな微妙な距離感が楽しめる!

  • すごく進展速い…? もう克服できてるのでは
    おまけ漫画がかわいかった

全41件中 1 - 10件を表示

テンカウント (3) (ディアプラス・コミックス)のその他の作品

宝井理人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

テンカウント (3) (ディアプラス・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする