花にくちづけ (ディアプラス・コミックス)

著者 : 阿部あかね
  • 新書館 (2016年4月30日発売)
4.03
  • (9)
  • (20)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 111人登録
  • 8レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784403665165

花にくちづけ (ディアプラス・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 絵が綺麗
    だからエロも良い
    攻めに変態入ってる
    女装可愛い

    なのに、何故かこの話は私には残らなかったです。何故だろう…関西弁の軽いノリのせいかな…いや、方言萌えはそこに存在してるはずなんだけど…後半のお父さんの話あたりの方が好きだったから、いっそシリアスに寄ってもらえたら大好きなのかも知れない。いっくんが変態で意外に良い体なのがツボです。

  • あかねさんのヘタレ男子達は今回も健在で楽しかった。ちょっとした感情とか会話がほんと繊細で可愛くて萌えました。女装男子はそれほど好きな訳じゃないけれど、女々しくない女装かつ普段は普通に男の子なので気にならないし、それどころか花ちゃん一途で健気で可愛いかった。ラストの地味むっつり眼鏡の本領発揮なえちもエロくて大変良かったです(笑)

  • 一冊表題、もさい大学生・いっくん×女装男子・花太郎。高校卒業前にいなくなってしまった花太郎が三年ぶりに帰ってきた… 面白かったです。緩くて明るいけど臆病で繊細なハナが可愛い。いっくんもちゃんとハナの事を考えてくれてるし、お似合いな2人でした。覚醒したいっくんが立派なむっつりメガネになれて良かった♪

  • 善良なノンケ(隠れムッツリ)×カラッとした活きのいい、かわいいニューハー…いや女装子?。オカマ受少ないから出会えて嬉しいです。

  • 再会、女装子。いいわあ。きゅんきゅんする。

  • 良かった~!まず関西弁に萌える。そして花の一途さと切ない想いに愛しさが爆発する。童貞奪って姿をくらませたものの、好きすぎて女装男子となって再会。

    なにもなかったかのように普通にしてて大胆なこともするけど、からかってるときはなんでもないのに我に返っちゃうと赤面したりでとてもピュア。 すっごく好きなのだだもれなのに怖くて言い出せないのがかわいすぎる。いかんとって、が胸に刺さりました。そして相思相愛になってからもどこかひとりというか、父親の一件での一言切なかった。らぶらぶなんですけどね。

    いっくんは花に童貞を奪われて以来振り回されっぱなしだけど、ずっと花のことが心の中にあったし、臆病なところもありつつ、最後ガツンと乗り込んだり、眠ってる花にする仕草から愛しさが溢れてて、相思相愛、すばらしいな!って思いました。

  • 久しぶりの阿部あかね節。サイコー。面白かった!

全8件中 1 - 8件を表示

花にくちづけ (ディアプラス・コミックス)のその他の作品

阿部あかねの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする