ココロニイツモ (ディアプラス・コミックス)

著者 :
  • 新書館
3.46
  • (2)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 47
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (163ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403665271

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ★3.5。後半から意外な展開に発展…。どんな音楽も記憶しているという記憶喪失の青年と、レコード店店長の同居もの。

    父親とのくだりはいまいち納得できなかったけど、お話としてはミステリアスで面白かった。雑貨店のお姉さんとの関係もステキだなぁ…

    お互い「好き」が分からない。答えを手探りで見つけていくゆっくりさはしみじみする。くっついてからの話がもっと読みたい…

  • 昔から記憶喪失ものが異常に好きである…何故かはわからんが、とにかく無性に好きなわけだ。好きなだけに選り好みもある訳で、パターンを予想するなどの愚劣な行為に走ってしまうのだが、本作、非常に好きである!!忘れたい過去から逃れたいが為に、記憶のとどめておきたくない経験をしたが為に、今までの記憶をリセットしてしまう作用と同義の記憶喪失。元々「在る」ものと定義されるので、取り戻そうとする物語が始まるのだが、この作品は「取り戻す」事に重きを置かず、商店街のレコード店店主の青年ショージが記憶を失くした青年タイと一つ屋根の下に暮らす事になり、その人間の存在を知るとはどういう事なんだろう、と言う事が描いてあった。恋愛感情を抱いたら性行為を行うのが人間である、それは大多数の意見であり、手を繋ぐ先にもっと多くの体の部分に「触れたい」と言うのが「好き」と言う曖昧模糊とした形で表せないモノをなんとか具現化させるための行為であるのだ、漫画も、そんな人間の感情を絵と台詞で具現化させる文化なのだ、と読後感に改めて気付かされた作品。

  • 記憶と音楽の紐付け、面白いテーマだなぁ。
    わたしも記憶薄いけど、聞いた曲は覚えてるかな。ただ聞いたことあるけど歌えないって曲もめっちゃある。

  • 同人時代から好きな作家さん。たうみさんにはBLだけじゃなくてもっと色々描いてほしい…!!!初期榎本ナリコが好きなかたはわかってくださると思う

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

10月3日生まれ。B型。北海道在住。趣味は銭湯通い。

「2013年 『18日の日曜日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ココロニイツモ (ディアプラス・コミックス)のその他の作品

たうみまゆの作品

ツイートする