暴れん坊本屋さん (1) (ウンポコ・エッセイ・コミックス)

著者 :
  • 新書館
3.85
  • (203)
  • (147)
  • (278)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 1042
レビュー : 231
  • Amazon.co.jp ・マンガ (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403670190

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本好きなら楽しめる本。70歳オーバーの母も、喜んでよんでましたから。(おたくネタはわかってなかったと思うけど)

  • 本屋さんの規模にもよってまちまちではありますが、書店員の私としてはこの本の内容はかなり共感できますね。

    本屋さんにも楽しめて、本屋さんにも興味のある人にもオススメです。

  • 完結済み。本屋さんの裏側がエッセイコミックという形で(多少脚色アリ?)描かれていて、とても面白い。何度読んでも笑える。ちょっとBLネタもあるけど気になるほどではないと思う。

  • 再々読。何度読んでもおもしろい。

  • 昔やってた書店バイト時代の「こうだった」が満載で懐かしかったです。
    当時を振り返りたい時に読んでます。

  • 本と本屋さんが好きなら読むべき!

  • 本屋さんやってるので始終「あーわかるわかる(笑)」
    電車で読んじゃいけないマンガですね。
    本屋経験者なら誰もが笑える本かと^^
    「本屋さんはお客さんの言う本のタイトルを信じていません」
    とか。うそっぱちワード集めただけで本が出せるよ……!
    本屋さん、もしくは本屋さんに興味のある方は是非。

  • 日販通信だっけか、連載しているのをたまに読んで、たまにうっかりニヤニヤしてしまうんですね。これは一般コミック誌連載なのか?チャレンジングだなあ。

  • このマンガ、どこかで見て、図書館にあったから予約してみたのだが、どこで見たんやったかな…。

    …と、ひっしこいて思い出した。
    『POP王の本!』で見たのだった。

    これは、マンガだけでは喰えないので本屋勤めもしているマンガ家・番子さんのおはなし。

    間違ったタイトルで本をたずねる客の話が笑える。笑えるが、ありそうな話である。
    お客さんの言う本のタイトルは
    「6割がた間違ってるね」

    『サティ』って雑誌ない? → 『サライ』
    『誠のウワサ』って雑誌… → 『噂の真相』
    『ダイモンタケニ』ってマンガどこ? →『代紋Take2』(エンブレムテイクツー)
    ローマ字で『チミ』という雑誌 → 『TIME』

    この話を読んだヨソの本屋さんは「うちのお客さんは8割がた間違ってますよ」という。
    ハリー・ポッターの書いた『ピーターラビット』はどこにあるの?

    『ハリー・ポッター』は本のタイトル、『ピーターラビット』の作者はビアトリクス・ポター…「ポ」と「タ」は合ってるか。

    POP王さんの「店頭POP製作所」(http://www.webdoku.jp/pop/)に、このマンガのPOPはないかな~と探してみたが、1巻はみつけられず。2巻のPOPを発見(http://www.webdoku.jp/shoten/pop/06nov/19.html)。次は2巻を予約するか!

  • 暇潰しがてらに購入(タイトルに惹かれた)
    買って正解だった。本屋で働いた経験のある人なら楽しめるんじゃ?
    私は非常に楽しめたw

全231件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

投稿、持ち込みを経て2000年2月新書館ウィングス誌掲載「NO GIRL,NO LIFE!」でデビュー。自身の体験をもとに描いたエッセイコミック「暴れん坊本屋さん」(ウィングス&ウンポコで連載中)で大ブレイク!
「私の血はインクでできているのよ」(KC Kiss)が大好評発売中。
現在Kissで「神は細部に宿るのよ」を連載中。

「2011年 『神は細部に宿るのよ(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

暴れん坊本屋さん (1) (ウンポコ・エッセイ・コミックス)のその他の作品

久世番子の作品

ツイートする