百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)

著者 :
  • 新書館
4.35
  • (748)
  • (500)
  • (194)
  • (14)
  • (4)
本棚登録 : 4156
レビュー : 501
  • Amazon.co.jp ・マンガ (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403670855

作品紹介・あらすじ

マンガ家になる前は北海道で七年間、農業に従事していた荒川弘。牛を飼い、野菜を作り、クマに怯え、エゾシマリスに翻弄される-年中無休で働き、切ない想いも多々あるハードなお仕事。「水がなければ牛乳を飲めばいいのに」。なんたって"百姓貴族"ですから!!知られざる農家の実態を描いた、日本初農家エッセイ登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 農家すごい…。
    タフなエピソード満載。
    なりたくても生まれついた農家以外にはなかなかハードル高い。
    そういうところも貴族っぽいねー。
    とは言え、もっと農家増えてほしいような。
    食料自給率低いもんね。
    農業の課題とか、農家以外の人が知るのにもいいと思う。全くそんな堅い漫画ではないんだけど(笑)。
    世間の常識が農家の非常識、とも言えるよね。

    そして作者が女性って今知りました!
    女性でもこんなタフネスになれるんだなと思うと、自分も頑張ろうかなと思う。

  • 面白そう!と思ったけど本当に面白かった

  • どこかで見たことがある絵、と思ったら「鋼の錬金術師」の人だった。とにかくぴりっと辛口で面白い。
    北海道、特に、酪農地帯の近くに住んでいたから、だいたい様子はわかるけれど、農家・酪農家ではないと書けない内容でいっぱい。
    二巻も読んでみたい。

  • 農家の皆さま、ほんといつも美味しい食べ物作ってくれてありがとうございます!!!!
    て改めて心の底から思える漫画。

    睡眠時間も少ないし、体も頭も使うし、ほんと農家って大変なんだなぁといろいろ笑いつつも学べる内容でした。


    しかし作者はこんなハードスケジュールの中でどうやって漫画読んだりしてたんだろう?
    どうにかなるもんなんかな?

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「どうにかなるもんなんかな? 」
      並みの体力じゃ無理かも。。。
      「どうにかなるもんなんかな? 」
      並みの体力じゃ無理かも。。。
      2014/04/01
    • ジュンコーラさん
      3巻でその秘密が明かされていました。作者さんは人並みはずれた体力をお持ちのようです。。。凄い。。。
      3巻でその秘密が明かされていました。作者さんは人並みはずれた体力をお持ちのようです。。。凄い。。。
      2014/05/06
  • ご飯を食べるとき、「いただきます」と手を合わせる本当の理由を教えてくれる一冊。

  • ほのぼのエッセイの「農家の嫁の事件簿」とは違ってずーっと笑いっぱなしのエッセイでした!荒川先生と担当さんとの会話が面白い。祖父母が米農家なのですが、全然畑の違う農家・酪農・農業高校の実態や知らないことばかりで勉強になります。さて、2巻と銀の匙買わねば。

  • 面白かった!
    牛は頭がよくて、家畜運搬車に乗せられるときに泣く牛もいる、ってところではグッときました。
    うちの子どもの小学校では近くの牧場で牛を一頭借りて世話をする、ということを4年生がやるのですが、事前体験で牧場にお邪魔したときに、まさに子牛の出荷に立ち会ったことがあって。
    牧場の奥さんの、「見送る時はちょっとしんみりした気持ちになったりもするけど、あとでその子牛が売れた明細を見てニヤッとするんです」との話にウケた記憶もよみがえりました。
    第1次産業に従事する人たちは国の宝だと思います。

  • リズムが良くて面白かったです。
    銀の匙はこの基盤があって描かれたんだなぁと思いました。
    農家ってタフですね。
    でも“生きてる”って事を感じられそうな職業だなぁと思いました。

  • 【次男蔵書】「銀の匙」も切っ掛けは息子だった。北海道開拓農家の子として生まれ育ったことが、存分に漫画に生かされており、著者のユーモアのセンスと相まってすごく面白い。食料自給率のくだりから北海道独立への着想は、本州に住んでいながらも共感を覚えた。農業高校のエピソードは、そのまんま「銀の匙」だね。

  • 「銀の匙」だけを読んでいると漫画だから・・・という気持ちで、距離感としては少し離れたところから見てしまうが、こちらをあわせて読んでみると、距離感が縮まってくる感触。 懐の深さに、グッとくる。

全501件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)に関連する談話室の質問

百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする