坊主DAYS (2) お寺とみんなの毎日 (ウィングス・コミックス)

著者 : 杜康潤
  • 新書館 (2011年5月25日発売)
3.98
  • (30)
  • (40)
  • (25)
  • (2)
  • (1)
  • 246人登録
  • 24レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (140ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403671067

坊主DAYS (2) お寺とみんなの毎日 (ウィングス・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お坊さんは一体何をしているのか、エッセイ漫画第2弾。

    住職さんが給料制やら、亡くなったら出て行くやら
    知っている事も出てきましたが、知らない事の方が
    当然多い状態。
    奥さんは何をしたらいいのか、住職になるには等々。
    楽しいほど、血族を売りまくっているのが楽しいですw

    亡くなられてからが一番大変ですが
    それ以外にもやる事たくさん。
    お布施だけで生活できないのは当然ですが
    兼任、してもいいのは初めて知りました。
    それはそうですよね…誰も生活支えてくれないわけですし。

  • (2015-12-27L)

  • 知られざるお寺さんの姿。
    勉強になります。

  • 孔明のヨメから。どの坊さんもみんなこんな感じなのかと思ってしまうんだよな~。

  • 仏衣のカタログ記述を見ながら、つくづく便利な世の中に…!と感嘆した後ろでアマゾンから良く分からない需要の新商品入荷メールで「……ああ」となるこの感じ。どこの世界もすごいのね……。

  • お寺とお坊さんのお話第2段。
    今回はサブタイトル通り、どちらかというとお寺の日常
    (お坊さん、周りの人々含む)中心のお話です。
    個人的には、仏教系大学のお話と住職の仕事が面白かった。
    当たり前のことなんだけど、坊主丸儲けじゃないんだよね…
    以前人とそこらへんの話で討論になったので、今度はそっと
    この本を差し出したい。
    今度けんちん汁作るか…

  • お坊さんが身近に感じられるエッセイ系のマンガ。

  • 実家がお寺である作者のコミックエッセイ。
    1巻より、実際にお寺に住まう人々の生活が垣間見れる話が多くてより身近に感じた。
    年中無休のサラリーマン(給料制)だったり、跡継ぎがいなければ一家ごと寺から追放されてしまうこと…などなど意外な事実に目が点。
    最後の世界に広がる仏教のつながりや、禅のブームなど、宗教の将来的な可能性に少しだけ触れられていてこちらもおもしろかった。

  • お寺に縁のない暮らしをしております…

  • 185.7 ト 登録番号8330

全24件中 1 - 10件を表示

坊主DAYS (2) お寺とみんなの毎日 (ウィングス・コミックス)のその他の作品

杜康潤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

坊主DAYS (2) お寺とみんなの毎日 (ウィングス・コミックス)に関連する談話室の質問

坊主DAYS (2) お寺とみんなの毎日 (ウィングス・コミックス)はこんなマンガです

坊主DAYS (2) お寺とみんなの毎日 (ウィングス・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする