百姓貴族 (2) (ウィングス・コミックス)

著者 :
  • 新書館
4.32
  • (412)
  • (333)
  • (121)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 2661
レビュー : 242
  • Amazon.co.jp ・マンガ (113ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403671142

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私の地元のちょっとした有名人「依田勉三」氏が北海道開拓にあんなに苦労したとは知らなかった。私の地元の方読んでみて欲しい。あと、「これは病院行っても切断されちゃうだけだから」って切れてほとんど離れかかっ た指を独自の方法で治療しくっつけちゃう荒川父、ワイルド!!「鋼の錬金術師」の世界観が広く深いのがよ~くわかりますな。

  • 北海道=食材・自然・動物王国、というものはひとり歩きして肥大してしまったイメージで、その土台の‘開拓’地である北海道をここまで見せてくれた本作に感謝>_<
    作物や生きものの生き死にが面前で繰り返され、生活に密着している道民の方々に、生き方を憂いているヒマはない。

    同著者の漫画『鋼の錬金術師』の作中、極寒の北軍の少将たちの厳しさや優しさの正体が、少し理解できたような思いがする。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「その土台の‘開拓’地である北海道を」
      シリアスなのは「銀の匙」に回して単なるギャグマンガ?と勝手に思っていた。
      此方を先に読むとは決めてい...
      「その土台の‘開拓’地である北海道を」
      シリアスなのは「銀の匙」に回して単なるギャグマンガ?と勝手に思っていた。
      此方を先に読むとは決めているのですが、チョッと気持ちを改めなきゃ!
      2013/01/04
  • 鋼の錬金術師がタダのファンタジーではなく一本筋が通っていた理由がわかるコミックエッセイ。
    米国郊外のサラリーマン一家のサバイバル度に多少ながら共通点がある・・・日本人はダメにされてるなあ。農業やってない日本人(大多数だ!)は自分ら生物として弱体化されてるって問題意識を持たないとマズイな。

  • 牛だって豚だって、オーナーだってプーチンだって。
    みんなみんな生きているんだ。
    生かされているんだ、みんなに。
    根底にあるのは笑い飛ばせる現実じゃないのかもしれないけれど
    荒川さんは笑いながら問いかけてくる。
    すごい力です。
    ビックマザーです。

  • ようやく第二巻発売!1巻を読んで面白かったので待っていました、と言う感じです。銀の匙も面白いですがこちらの方が実際の出来事から描かれているエピソードが多いので読んでいて興味深いです。

    それにしても昔の人はどうやって仕事や生活をしていたのだろう、と思うことは多々あります。電気機械も重量機械もなく。開拓はさぞかし大変だったんだろうなあ。読んでいて大草原の小さな家シリーズを読んでお百姓さんは大変だ…ローラが農家の人とは結婚したくない、と言った時つくづくそうだろうなあ…と納得してしまったことを思い出しました。(ローラさんは農業を営む旦那と結婚しますが)

    そして作者は女性だったんですね…知らなかった。しぼりたての牛乳がとてもとても美味しそうだなあと思いました。

    • midnightwakeupperさん
      インガルス家の物語はわたしも愛読しました。農業は天候任せで害虫、害獣や泥棒などリスクが大きく、豊作で値段が下がってかえって損になったり(不作...
      インガルス家の物語はわたしも愛読しました。農業は天候任せで害虫、害獣や泥棒などリスクが大きく、豊作で値段が下がってかえって損になったり(不作で値段上がって儲かることもああるが)不安定で、大儲けはできなそうなポジションですね。
      2019/06/16
  • 親父さんの武勇伝っぷりに、ますます拍車がw

  • 専業酪農家のお話。面白い。

  • 銀の匙と併せて読むと良いですね。お父様面白い方です。

  • 前作を上回る第二巻‼

    父の破天荒もパワーアップしています(笑)

    食育するならオススメの一冊です( ´ ▽ ` )

  • そして語られる、北海道百姓貴族話。

    うん…お父さんすごいです。
    さらっとすごい事してますけど、一番の驚きがトラックかと。
    引きそう事件に、飛び越え事件。
    トラックって素晴らしい☆

    大特の免許、確かに周囲ではみかけません。
    一体どこに行ったら取れるものなのでしょうか?
    北海道では『普通』ですか、そうですか…。

    しかし規格外…ものすごく美味しそうです。
    牛乳もそうですけど、美味しそうです。
    これだけのために北海道に行ってみたい、とか思いますが
    百姓貴族の知り合い、いません…w

    とりあえず教訓!
    野良牛は飼ってはいけません!!w

全242件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

百姓貴族 (2) (ウィングス・コミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

百姓貴族 (2) (ウィングス・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする