百姓貴族 (3) (ウィングス・コミックス)

著者 :
  • 新書館
4.23
  • (227)
  • (211)
  • (94)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 1816
レビュー : 138
  • Amazon.co.jp ・マンガ (113ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403671531

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 農家の労働時間、本当にすごい!
    とは思いますが、当たり前ながら一般じゃない、はず。友人に農家いるし!
    専業じゃないけど!
    でも家庭菜園で実りの喜びを知る人はいるけど、それが職業になれば喜びより理不尽が有るんだろうと思ったり、思わなかったり。
    あ、畜産だとまたいろいろ違うだろうし。

    相変わらず笑える仕様でしたが、なんか、うん。
    いろいろ考えるとけっこう笑えない。
    農家の嫁不足はぜったいあるある。

  • 今回も最高でした♬

  • ■書名

    書名:百姓貴族 (3)
    著者:荒川 弘

    ■概要

    マンガ家になる前は北海道で七年間、農業に従事していたマンガ家
    ・荒川弘。
    「働かざるもの食うべからず」&「俺にできる事はおまえにもできる
    」の家訓のもと、 牛も畑もマンガも全力投球!

    今巻も、農家の嫁、牛舎や牧草のこと、収穫祭などたっぷりの農家
    エピソードに加え、 マンガ家デビュー前、どのようにしてハード
    な家業とマンガ執筆を両立していたか、
    その秘訣がついに明かされる……!

    シリーズ累計100万部突破!
    特濃☆農家エッセイ・コミック、ファン待望の第三弾!!!
    (From amazon)

    ■感想

    相変わらずの面白さですね。
    農業エッセイってこんなに面白いのか~

    これを読んでいて思うのは、農業に携わっている方々は、今流行り
    のブラック企業(ブラックの定義は微妙ですが・・)に勤めても、恐
    らくやっていけると思います。

    それほど、農業は過酷な現場だな~と感じますね。
    実際、ここに描かれている何倍も大変だと思いますし。

    この本を読んで、

     「身体が資本だと、生き方が雑になる!」
     「何でも出来るのでたくましくなる!」

    というのが分かりました。

    これ、もっともっと続けてほしいです。

    ■気になった点

    ・害か益かは、人間の都合です。

    ・肋骨のヒビは、場所のよってほとんど生活に支障はない。

  • 寝なきゃいいってすごいな…

    サイロ、動物のお医者さん思い出した。
    黒魔術…
    あの仕事風景はなくなっちゃったのか~

  • 荒川弘による酪農農業エッセイ漫画、第三弾。

    牛舎の秘密、酪農の変遷、こんなに忙しいのにどうやって漫画を描いていたのか。

    ためになるのに面白い、ありがたい。

  • 3巻も変わらず農家リスペクトですが、
    増し増しで、
    野生動物と人間との深い葛藤と、
    家族愛なんかが垣間見られて、
    笑いと涙が止まりません!

  • この人の超人っぷりには恐れ入る、と同時に、ちゃんと笑えて知識的にも面白い(それに比べて…と読み手が卑屈にならずに済む)、ってのが良いのだ。考えさせられるテーマも放り投げてくるし。
    続刊も楽しみ。

  • コレの1巻が出た頃は、まだ「銀の匙」が始ってなかったかな?気がつけば「銀の匙の」ってなっていたけど、ウチは此方のエッセイ風の方が好きだよw(勿論銀の匙は銀の匙で面白いけど)今回も農業のブラックっぷりが面白おかしく紹介していて色々と笑い所満載♪この手のエッセイ・コミックは直ぐに続きを求めても無理なんだけど、まだまだ読んで行きたいです。

  • 買って損なし!!

全138件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

百姓貴族 (3) (ウィングス・コミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

ツイートする