ナイフ ─ 尾崎かおり短篇集 (ウィングス・コミックス)

著者 :
  • 新書館
3.69
  • (17)
  • (16)
  • (37)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 119
感想 : 14
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403680021

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今でも嫌なことがあると、目を閉じて、次に目を開く時は自分は別人だ、と心の中で唱える自分が居たりする。一つ一つ、心にささるエピソードである。

  • あとがきにもあるけど、これを出す羞恥心はなかなかのものだったろうなあ。
    しかし片鱗は見える。

  • 本棚整理にて再読。

    青い、青い、青いよー! な一冊。
    10代である、その年代だからこそ感じる温度。
    そんなのはすっかり遠い昔となってしまった人が読むと、
    懐かしみと共に、ぎゃー///となる事必至ではないだろうか。
    恐らく作者本人もぎゃー///なってるんじゃないだろうか。
    あの感覚は本当、あの時だけのものだなあと思う。
    人によっては黒歴史的な感覚だけれども。

    この本で一番素敵だなって感じたのは、締めのラストの短編が『ハネムーン』という構成のところ。
    全編を通して、どれもが死に惹かれ、自分だけを見つめ続けていた少女(少年)たち。
    彼らの成長(別れ)を表しているみたいで。

  • ナイフのようにザクザク刺さる感性。
    センシティブなモノローグ。

  • ピエロの描写がもの言えずスゴイ。

    振り返れーーのリフレインがこわ切ない。。好き。

  • 裸足で駆けるから傷だらけ みたいなマンガ 自分を信じてあげないと描けないマンガだ ウソマンガというものもあるから

  • 『メテオ・メトセラ』の尾崎先生初期作品短編集。あとがきで先生ご自身もおっしゃっていましたが、メトセラと比べて人死にに淡泊な内容でした。メトセラとはまた一風変わったドライな雰囲気です。

  • 切ない・・・!!けど大好き!!

  • 精神を病んだ主人公たち。何かが欠落している。でもその暗く深い穴を埋める術を知らない。読んでいるうちに自分が疑似体験しているような心境になる不思議な話を描く方です。「渇望」が一番印象に残りました。

  • 尾崎さんが10代に描いた短編が収録されてます。研ぎ澄まされた繊細な物語達。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1976年3月24日生まれ。B型。
1993年「Wings」(新書館)にてデビュー。
代表作に『神様がうそをつく。』(講談社)『メテオ・メトセラ』『東方死神 ─ メテオ・メトセラ外伝』『人魚王子』(いずれも新書館)。
2017年9月より「アフタヌーン」にて『金のひつじ』を連載開始。

「2019年 『金のひつじ(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

尾崎かおりの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×