壬申の乱 大友皇子の母

著者 :
  • 新人物往来社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784404016386

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 推しである大友皇子の母が主人公ということでかなりレアな小説だと思いますが、乙巳の変から有名な事件事象をきっちり描いており当然直接関わらないであろう宅子が長く出てこない場面もあって、基本的には天智天皇とその周りという感じです。
    ところどころ独自の設定だなーという点もありましたが個人的には面白く読めました。ちょっと人物みんな優しすぎないか…と思いながら読んでいたら途中から一身に憎まれ役を引き受けたような人物がいてそこは少々ありがちな気も。
    天智天皇の崩御の場面がかなり印象的。大友皇子などの贔屓を差し引いたら一番のメインは斉明(皇極)天皇と中大兄の母子関係になるのではないでしょうか。斉明の最期のセリフがなかなかすごい。(そして天智は最後までこの母を引きずっている)
    大友皇子はしっかり即位してるやつで新鮮でした。そして創作物だと基本同母弟妹の阿閇と阿雅がいるパターン多いのかな。
    宅子と大友がいい子過ぎてせつないやつです。

全1件中 1 - 1件を表示

藻里良子の作品

壬申の乱 大友皇子の母を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする