沖田総司拾遺

著者 : 大内美予子
  • 新人物往来社 (2003年7月発売)
3.65
  • (10)
  • (13)
  • (21)
  • (1)
  • (1)
  • 85人登録
  • 12レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784404031372

沖田総司拾遺の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2010

  • 「月と姫君」の総司が好き。

  • 幼子のお姫様と総司のお話が一番好きだった!
    大内さんのほんわか総司が大好きです!

  • 「沖田総司」を書いた大内美予子氏の短編集。
    沖田総司拾遺とあるが、5編あるうちの後半2編は沖田主人公の話ではない(登場はする)。

    とにかく、まだ6歳くらいの子ども時代の総司の話が読めるのがいい(「竹馬と竹刀」)。子総司がかわいい^^
    このお話では、近藤さんよりも先に土方さんと出会ってるのね。

    あと、「月と姫君」がとてもかわいいお話。
    「沖田総司」の方でも禿との心の交流のようなエピソードがあったけど、総司と小さな女の子、という組み合わせがイメージ的にとてもしっくりくるのかもしれない。

    短編集だからか、「沖田総司」での沖田像ともちょっと違うような気がする。一人称「俺」だし、もう少し荒っぽいような?

    沖田総司ファンなら読んで損はない作品だと思う。

  • 同作者の『沖田総司』からこぼれ落ちた短編数編。全体に女性(子供、家族含め)との関わりを描いたものが多い。幼少時の宗次郎が可愛いったらない。
    大内美予子さんの誇張のない素朴な文章は温かみがあって非常に良い。

    このうち松原忠司主人公の「壬生心中」と桜井大輔とそのいとこ酒井兵庫を描いた「岐路」だけが本書中では異色。特に前者は男女の爛れた痴情話というかんじで少々えぐい。

    前半の三編(「竹馬と竹刀」「おしの」「月と姫君」)がおすすめ。

  • 多少ほのぼの、多少せつない、若干中途半端なショートストーリー集。

    沖田ファン必読!とは言いがたい。

  • 沖田総司と題名にあるのに中身は…う~ん。年少時代や一番隊隊長としての活躍ぶりをもっと読みたかった。池田屋でも吐血した事になっているしもうちょっと新しい発見みたいなものを読んでみたかった気がする。

  • 前回読んだ沖田の話の短編集。
    実際に残っている書簡などからイメージして作られた話のようです。
    幼少期から青年に至るまでの「竹馬と竹刀」
    敵方の女性との逢瀬の「おしの」
    貴族の小さな姫との可愛らしい話「月と姫君」
    新選組松原による心中の話「壬生心中」
    幼馴染でありながら異なる生を歩む大輔と兵庫の話「岐路」
    井上源三郎の甥のお嫁さんから聞いた話等、実話をまとめた「沖田総司拾遺」
    沖田さんが主人公の話でばかりというわけではないですが、色々な側面から読めて面白い。
    具体的にどこがって説明できないけれど、この方の書く土方と沖田の関係性がすごく可愛らしいというか萌。
    面白かったです。

  • 沖田の短編集。長編の「沖田総司」に比べると沖田の性格が一定していない感があって、口調が気になる…
    登場としては少ないので、絶対オススメ!とは言えません。
    最初の2作ほどいいなぁと思った話はありました。

  • 「沖田総司」から零れた短編集。本編に比べるとどうしても小じんまりとした印象を拭えないが、どの話も彼の温かさや心意気を感じさせるものばかりで、読んでいるだけで優しい気持ちになる。

全12件中 1 - 10件を表示

沖田総司拾遺のその他の作品

沖田総司拾遺の詳細を見る 単行本 沖田総司拾遺 大内美予子

大内美予子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大内 美予子
秋山 香乃
大内 美予子
秋山 香乃
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする