乾山晩愁

著者 :
  • 新人物往来社
3.39
  • (3)
  • (7)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784404032782

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主に、御用絵師として名高い狩野家の絵師達にまつわる短編集。戦国から江戸時代にかけて、それぞれ、尾形乾山、狩野永徳、長谷川等伯、清原雪信、英一蝶を軸とした物語が綴られる。才能に恵まれ、才覚一つで人生を切り開き、認められ、何百年後の今も名を残す絵師達だけれど、生きている間には色々苦しみもあり痛みもあり。必死に生きていたのだなぁと感じた。
    「若冲」や「花鳥の夢」を読んだ直後だったので、書き込みに物足りなさを感じてしまった。もう少し深いところまで、書き込んで欲しかった。

  • 江戸中期の絵師を巡る物語。
    この時代、熾烈な争いが繰り広げられたのは武士の世界だけではなかった。
    名前は知っている絵師や知らなかった絵師が登場します。
    有名な尾形光琳の弟であまり知られていない(少なくとも私は知らなかった)乾山の苦悩が良く描かれている。
    狩野派と等伯の確執もそれぞれの立場から描かれており面白い。
    ちょっと日陰の人物にスポットを当てる葉室さんならではの視点が素晴らしいです。

  • 立て続けに読んだ狩野永徳や長谷川等伯を葉室麟さんはどう描くのか興味があり読んでみた。
    葉室さんはこれまで長編しか読んだことが無く短編は初めて。
    安土桃山~江戸時代に活躍した絵師たちの物語で知らない絵師の物語は興味深くてそれなりに面白かった。
    後世に残っている作品やわずかな史料を元に作家ごとに創造する人物像は違って当たり前で、私は安部龍太郎の「等伯」が一番気に入りました!

  • 絵師が主役の短編集。ほんのり連作。
    尾形乾山、狩野永徳、長谷川等伯など。尾形光琳、織田信長、千利休なんかもちょっと登場。
    敗者・滅びの美学が静かに染み渡る、葉室麟らしさは当初から変わらず素晴らしい。
    ただ、『蜩ノ記』や『千鳥舞う』を先に読んだせいか、文章の調子の悪さが引っ掛かる(´・ω・`)
    葉室麟も最初はこうかぁ。気になるけど、ちょっとほっこり。

    細やかだけど、裏表紙と中表紙の蝶の絵に凄く惹き付けられました。

  • 短編 尾形光琳の弟に焦点を当てた作品。光琳兄の死後の乾山の様子が語られている。
    他にも狩野永徳、長谷川等伯など絵師にまつわる短編集。なかなか光のあたらない人物に焦点をあてていて、新鮮で読み応えがありました。

  • 09/ /  葉室麟をちょっと見なおした。

  • この世の中には武士ばかりがいたわけではなく、画家だって同じくらいの歴史があり、画家の歴史とまたその時代の歴史が一度に楽しめた。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

葉室 麟(はむろ りん)
1951年1月25日 – 2017年12月23日
福岡県北九州市小倉生まれ。西南学院大学文学部外国語学科フランス語専攻卒業。地方紙記者、ラジオニュースデスク等を経て小説家に。2005年に短編「乾山晩愁」で第29回歴史文学賞受賞(のち単行本化)、2007年『銀漢の賦』で第14回松本清張賞受賞、2012年『蜩ノ記』で第146回直木賞受賞、2016年『鬼神の如く 黒田叛臣伝』で第20回司馬遼太郎賞受賞。
上記以外の代表作に、2018年9月に岡田准一主演で映画化される『散り椿』、第22回山本周五郎賞候補及び第141回直木賞候補だった『秋月記』がある。

乾山晩愁のその他の作品

乾山晩愁 (角川文庫) Kindle版 乾山晩愁 (角川文庫) 葉室麟

葉室麟の作品

ツイートする