円周率を計算した男 (新人物文庫)

著者 : 鳴海風
  • 新人物往来社 (2009年5月11日発売)
3.64
  • (4)
  • (7)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
  • 71人登録
  • 11レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784404037039

作品紹介

鎖国下の江戸時代、日本でも全く独自の方法で円周率の計算に躍起になった男たちがいた-算聖とうたわれた師関孝和との葛藤を経つつ、ついに円周率の公式を明らかにした天才算術家建部賢弘の苦闘の生涯…。歴史文学賞受賞・日本数学会出版賞受賞の表題作「円周率を計算した男」、大酒飲みの奇才算術家に振り回される平野忠兵衛夫婦の大晦日の夜を描いた「初夢」ほか、「空出」「算子塚」「風狂算法」「やぶつばきの降り敷く」の六篇を収録。

円周率を計算した男 (新人物文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『円周率の謎を解く』(くもん出版)と同じ内容の大人版を想像していたら...。
    登場人物が算学士というだけで、普通に時代小説だった。
    言い回しが結構江戸っぽいというか(良い意味で)普通に時代小説で、読みものとして面白かった。
    全体の構成も上手く、メーカーの技術マンの傍ら書いたものとは思えない作品。

  • 数学好きの私としては非常に面白く感じた本だった。また数学嫌いでも内容的には山本周五郎的な部分もあり拒絶感は少ないと思う。普通に読んで楽しめる本だった。

  • 2015.02.20
    初めての著者。
    算術にかける江戸時代の算術家。「算術道場」なるものもあったと。鎖国の世でありながら外国に負けない優秀な算術家と妻や娘のつながりが醸し出す厳しさとほんのり感がいいですねえ。

  • 江戸時代の和算を題材にした短編集。

    和算を題材にした小説と言えば「算法少女」と「天地明察」(暦に関するコトがメインだけど)が好きなんだけど、この二作ほどガッツリ読めるって感じではなく、お話の内容は意外とさらっとした感じ。

    でも、いろんな算術家や算士の生き様みたいなのを読んでて、わくわくしたし、和算ってやっぱりすごい学問だったんだなぁ。と改めて思ったりしました。


    今の時代、数学が苦手な人が多くて、数学に楽しさを知らない人が多いのがとても残念。
    江戸時代のように数学の楽しさを伝える人がもっといればなぁ。

    和算についてもっと知りたいし、今の数学もまたじっくり取り組みたくなる1冊でした。

  • 和算を題材にとった時代小説としてはほかに算法少女もありますね。
    算法少女は、子どもの成長をさわやかに描きますが、こちらは夫婦愛を描きます。

    また、学問のあり方にも言及していて、
    算法を公開することで議論の種を提供し発展をめざす人達と、
    算法を秘伝にすることで利益を守りたい人達の葛藤も描かれています。

    僕的にはこちらのほうが読みやすかった。

    2012/08/31

  • 日本古来より芸の一つであった算術を題材にした歴史短編小説集。関流の始祖として、算聖と崇められた江戸中期、関孝和より始まる円周率との闘いにフォーカスをあて生涯をかけた算術師達が江戸後期にかけ時を追って登場する。共通の想いは解法も答えも究極の簡潔さを追い求める事。至宝といわれるオイラーの等式にも通じる世界観を独自に発展させてきた人々の情熱をひしひしと感じれる作品。また「天地明察」で描かれた渋川春海と少し異なり一癖もふた癖もある気難しい算術師素の姿を日々の生活とともに人間くさい面を浮き彫りにする。科学雑誌(ニュートン)と藤沢周平作品が一緒に盛り込まれているよーな作品。書店でたまたま手にしたわりにはおおーあたり〜♪

  • 江戸時代の算術家を主人公にした短編小説集。
    この間読んだ『天地明察』の渋川春海の頃よりもう少し時代が下る。
    短編の配列は、時代順かな?
    『天地明察』に一番近いところで、建部賢弘。関孝和の弟子。
    そのほか、会田安明、山口和、そして長谷川寛らが出てくる。

    一番最初に読んだ算術小説は『算法少女』だったけれど・・・
    思えば、児童文学である『算法少女』が、一番数学チックなことに踏み込んでいたかもしれない。
    この本も、それほど数学的な知識がなくても読んでいける。

    ただ、『天地明察』の春海が、なんともすっきりした人物として描かれていたのに比べ、この小説集に出てくる人物たちは、みんな一癖あるように思える。
    というより、負けん気や嫉妬、その他の人間の情念が生々しく描かれている点が、ずいぶん『天地明察』のあっさり明るい小説とは違う。
    また、ほとんどの小説が恋愛が絡んでいるのも特徴的なところか。
    読後感は、必ずしもさわやかではない。渋さ、深みがあるといってもよいのかもしれない。
    どちらがいいかは、好みの分かれるところだろうけれど。

  • これは拾い物! 和算という珍しい題材を扱っているのに、それに寄りかかることなく人情の機微や夫婦愛をしっとりと描いていて、どの作品もほろりとしてしまう。乙川優三郎に似た作風かな。

  •  算術の話かと思ったら恋愛モノだった。
     想定していなかったので、なんとなく入り込めず。
     恋愛モノとして読んでいたら面白かったんだろうか。うーん。

     男性向けである気がする。
     

  • 関孝和の弟子、建部賢弘
    平野忠兵衛
    藤田貞資
    鈴木安明
    山口和

    有名(らしい)が、ほとんど知らない
    でも、その追求する心のあり方が
    深刻なドラマを作り出すかも知れない

    この作者の作品は二作目?

全11件中 1 - 10件を表示

円周率を計算した男 (新人物文庫)のその他の作品

円周率を計算した男 単行本 円周率を計算した男 鳴海風

鳴海風の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
和田 竜
宮部 みゆき
米澤 穂信
三浦 しをん
ジェイムズ・P・...
池井戸 潤
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする