江戸通になる本 (新人物文庫)

著者 : 秋山忠彌
  • 新人物往来社 (2009年7月7日発売)
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784404037206

作品紹介

「東海道五十三次の旅は何日かかったか」「見栄で食う初鰹代が十五万円!?」「江戸ッ子の生活はタブーだらけ」「吉原通いは男の必須科目?」「娘かわいや雛かざりは高し」などなど、八百八町に生きた江戸庶民の暮らしと人情風俗のあれこれを満載した、江戸ものしり知識。「江戸ノベルズ」の世界を、より深く味わいたい人に贈る指南書。

江戸通になる本 (新人物文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 現代に通じる部分も多く、江戸が身近に感じられた。
    古文をそのまま引用している部分が多々あり、解説(現代語訳)なしに進めていることが多いので読みにくかった。

  • 江戸小咄、川柳などが数多く使われているので、世相が良く伝わってくるがチョッと読み進めずらいかな?

全2件中 1 - 2件を表示

江戸通になる本 (新人物文庫)のその他の作品

秋山忠彌の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする