沖田総司 (新人物文庫 お 2-1)

著者 :
  • 新人物往来社
4.41
  • (74)
  • (40)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 372
レビュー : 47
  • Amazon.co.jp ・本 (447ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784404037374

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • [内容]
    新選組が鳥羽伏見の戦に敗れ、大坂を去る日、ただたんにくたくたに疲れ、望郷の念にかられた者もいただろう。自分の未来に絶望した者もいただろう。だが、彼らはまちがいなく激しい剣の日々を闘った英雄の群れだった。なかでも若き剣士・沖田総司は心やさしき詩的な行動者であった。芹沢鴨を斬り、松田重助、宮部鼎蔵、吉田稔麿を斬り、隊員山南敬助切腹の介錯をした沖田総司―その二十五年の光芒の生涯は歴史であり、伝説である。

    --
    歴史的文面?だから少し読みづらさはあるけど、史実に忠実で面白かった。沖田は美形だったと聞くけど、実際どうなんだろうか。病に倒れても尚剣士としての誇りを持つ彼に、真の強さを見た。

  • この小説の沖田さんは、綺麗すぎず、格好良すぎず、心の弱い部分も垣間見れて若者らしい私の思う『沖田総司像』に近かったです。
    そのおかげでとても入り込みやすく、親近感も湧いてどんどん読み進められました。

    さりげなく書かれた沖田さんの行動一つ一つに彼の性格が出ていて、でもどこか影があって。分かり易そうで分かりにくい。
    兎に角沖田さんの魅力に引き込まれた作品でした。

  • 25歳。あまりにも短い一生。限りある命の中にあるその一瞬はとても貴く眩しいものだと思う。生まれ落ちた時は違えど、感じ考え思うがままに生きていければ幸せなのだと思った。
    状況は異なるものの奇しくも沖田さんと同じ頃に死を意識したなぁ。でもこうして今も、それこそこんな平穏な時代に生きている。
    天命は何か、自分の意志、役割、そんなものがあるかはわからないけど、自分を見つめて、周りを慈しんで過ごしていけたら良いなぁ。
    まだまだよそよそしい世界と歩調を合わせられたら…きっと生の実感を強く感じられるんじゃないかなぁと思う。
    でもやっぱり新選組一番隊隊長、かの時代に生きた男なのだから、烈士として描かれる姿の方が好きだ。

  • 新装版のスカイエマさんの装画に魅かれて手を伸ばした作品。
    (新撰組の小説はそれほど冊数を読んではいませんが、)殺伐とした時代のはずなのに人のぬくもりを感じる、どこか人をほっとさせる作品だと思います。
    事あるたびに装画を見返して、この作品にぴったりだなぁと思いながら読んでいました。
    ジャケ買いの価値、あると思います。

  • 沖田総司の話としては勿論、新撰組自体の物語としても、“基本”をしっかり押さえて綴られています。
    この沖田像は好きですね。透明感あふれている印象です。

  • 沖田総司が好きだったため、今までの印象が崩れたら…と思って手付かずになっていた本。

    でも、そのまんまの沖田総司でした。

    今の作家さんたちは、この本を参考に沖田総司を描いてるのでしょうかね?

    知らないことも新たに知ることができ、楽しい1冊でした。

    でも、心の何処かで、沖田が労咳で死なずに隠れて生き延びていて欲しいと、どの本を読んでも思ってしまうのです。

  • 沖田総司の人生って、新撰組ファンなら誰でも知っている。
    けど、この本は、誰もが知っていることはあまり書いてなかったので、それがまた新鮮でよかったです。

  • 初めて、新撰組に関する本を読みました。沖田総司の一生が描かれていますが、そこに関わる人達のこともかかれていました。切ない内容になっていますが、沖田総司の純粋で淡々としている部分を感じました。山南さんのところは本当に切なかったです。本当に素敵な本に出会えました。

  • 新撰組の凋落と共に、徐々に死に近づいてゆくその姿が、季節の移ろいと共に丁寧に描かれ、とても繊細。
    歴史の大きな流れや出来事はサラッと流し、人と人との心の行き交う様子を中心に描いてある点も、スッキリして潔い。
    沖田総司って人は、女流作家に描かれる方がシックリくるみたい。
    この本読んだ女性から、また沖田ファンが生まれるでしょう。
    良作です。

  • この本の沖田が一番好きです。

全47件中 11 - 20件を表示

沖田総司 (新人物文庫 お 2-1)のその他の作品

沖田総司 単行本 沖田総司 大内美予子
沖田総司 単行本 沖田総司 大内美予子
沖田総司 (新人物文庫) Kindle版 沖田総司 (新人物文庫) 大内美予子

大内美予子の作品

ツイートする