高杉晋作

著者 :
  • 新人物往来社
4.00
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784404038852

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 高杉晋作に興味を持ってまず読んだのがこの本。
    晋作の生涯の説明に限らず、彼に関わる女性たちや手紙や詩から見る人物像等を隅々まで書き尽くしており、彼が単なる破天荒で暴れまわっていた訳ではない事がよくわかります。
    多くの作者が参加して書かれているのですが、特に古川薫氏の文はとても丁寧でぐんぐんと読んでいってしまいました。
    個人的に良かったのは高杉晋作を取り扱った小説の比較でとても参考になりました。本文の引用と著者の説明が見分けづらいのが欠点だと思いますが、様々な小説を読む前にこの本を読んで良かったと思いました。
    高杉晋作を知りたい方は是非ともこの本を先ず手に取って欲しいです。

  • 古川薫をはじめとする複数人の著者が、さまざまな角度から高杉の人生に迫る。高杉の手紙や、短歌、絶句などが豊富に掲載され、偉人高杉の心の内が、我々凡人のもとのさほど変わらないことがうかがい知ることができる。そのため彼に親近感を覚える。

  • 先に小説を読んでいたので、
    略伝は頭に入りやすく。

    略伝、女性関係、人間像、など項目別なので、必要な部分読むのもありかと。

  • まあ、ドキュメンタリーですね。小説チックに読みたい人は他を探しましょう。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

作家

「2017年 『西郷隆盛 英雄と逆賊 歴史小説傑作選』 で使われていた紹介文から引用しています。」

古川薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
秋山 香乃
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×