聖書の世界 (ビジュアル選書)

制作 : 新人物往来社 
  • 新人物往来社
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784404039279

作品紹介・あらすじ

天地創造、ダビデとソロモン、イエスの奇跡と受難…。ふたつの聖書が織り成すドラマを名画で楽しむ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 聖画が多く載っているので参考になるし第二部の新約聖書は解説もわかりやすいと思います。イエスの逮捕と裁判から十字架刑に処されるあたりは読んでいてとても悲しい思いでした。聖書に対する知識が乏しいので勉強になりました。
    しかし第一部の旧約聖書解説者の山我さんは作り話という前提なのでしょう、解説を所々飛ばして読みました。

  • いやーすごく分かりやすかった。以前旧約聖書の出エジプト記に該当する部分を物語として読んだことはあったのだが、それではやはり分かりにくいということでまずは入門書としてこの本を読んでみた

    話も簡略化されていて絵画も多く掲載されているので非常にわかりやすい。そのために端折られてる部分も多いのだろうが、全体像と流れを把握するには充分だと思う。これから徐々に細かいところまで掘り下げていきたい

  • アブラハムの息子がイサクであり、その息子がヤコブ。
    行いを正しくし、神を畏れて生きることこそ知恵である。
    人生は不条理に満ちており、人は自分の人生を制御できない。人間にとって最も良いのは、飲み食いし、自分の労苦によって魂を満足させること。

  • キリスト教の聖典である「聖書」を教養として学ぶための分かりやすい本。

    聖書とは何か?

    その構造や"旧約"と"新約"の違い、それぞれの聖書で語られている物語や出来事、イエスの生涯、登場人物の関係などを関連する絵画や写真を添えて見開き構成で解説している。

    欧米の文明や諸文化、考え方などの根幹をなす精神世界を知るための入門書といえる。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする