大江戸古地図散歩 (新人物文庫)

著者 :
  • 新人物往来社
3.61
  • (4)
  • (4)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 102
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784404039729

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 古地図と現代の著名な建物が重ねてあり、場所が掴みやすかった。
    北町奉行所と南町奉行所が、思いの外近いと感じた。
    東京(23区内?)に土地勘があればあるほど楽しめそうだ。

  • 「尾張屋版切絵図」という江戸時代の東京(江戸)の古地図と現代の地図を重ね合わせ、江戸時代はここに○○があった、というのを解説してくれる本。
    文庫本なので持ち歩きしやすい一方で、地図が相当細かくなってしまい、読み取りづらい。
    これぞトレードオフ。

  • 田町駅の線路より東側は海だったことが地図から分かります。明治時代に開通した線路は海の中を走っている。

  • 江戸時代の古地図をもとに、現在の道路や分かりやすい建物などを重ね合わせ、過去の重要な建物や建造物、通りが現在のどこに当たるのかを説明してくれる本。
    現在も残っている過去の名勝・旧跡や記念碑だけが残っているものなども取り上げられており、探索するにも有用だと思う。

  • 時代小説を読むのに役立つ一冊
    東京に行くので読み直し
    でも、都内には同じようなものが街角に
    設置されていてビックリ!

  • 脳内散歩にも良し。

  • 昔も今も地図って素敵

  • 都内に住んでいて休日の散歩を趣味とする身としてはこういったものを1冊くらい欲しいな。と思っていたのですが、どれにしようか迷っているうちに現在に至り、ようやく手にしたこちらの本。オールカラー、主要スポットの解説、思ったより見やすい地図というのが好感触です。そしてなによりの決め手は、文庫サイズという事。やはり町歩きは身軽でありたいもの。それにこの大きさなら、電車やバスの中でも「あ、今この辺を走ってるんだ」と、気軽に開くこともできますし。この本は1回読んで終わりにせず、使い倒したいと思います。

  • 時代小説に少し前にはまっていたのでついでに購入してみました。

    June, 2012

  • 切絵図で散歩 | 大判「今昔散歩」

全19件中 1 - 10件を表示

佐々悦久の作品

大江戸古地図散歩 (新人物文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする